ヨガにはデトックス効果もある?

ヨガをはリラックスできる、集中力が高まる等、様々な効果がありますが、身体の中の老廃物を排出するデトックス効果もあると言われています。

1.新陳代謝が良くなる

ヨガをすることで血流が良くなり、身体が温まります。身体が温まると新陳代謝が良くなり発汗します。身体の中の余分な水分を汗として排出するデトックス効果は、むくみを解消していきます。
また、血流が良くなることで、胃腸などの消化器官も活発に動き、老廃物を排出する作用につながります。現代の多くの女性が抱える便秘の悩みを緩和されることが期待できます。

さらに、体内の余分な老廃物が外に排出され、血流が良くなるので、肌ツヤが良くなったり、若返り効果もあると言われています。

2.内臓を刺激するポーズ

新陳代謝の効果だけでも、老廃物を排出するデトックス効果が期待できますが、なぜ、ヨガがデトックスに有効的かというその他の理由の一つに、ヨガのアーサナ(ポーズ)があります。

ヨガのアーサナ(ポーズ)には、腹部をねじったり、伸ばしたりと、内臓に刺激を与える姿勢が多く、さらに深い呼吸、プラーナヤーマをすることで横隔膜を動かしますので、より内臓の動きを助けることになります。

刺激された内臓は、本来の機能を発揮することになり、老廃物を外へ押し出そうとします。




こうしたヨガ特有のアーサナ(ポーズ)やプラーナヤーマ(呼吸)から向かう消化器官への影響が、デトックス効果となっていきます。

[br num=“1"]

3.頭と心のデトックス

新陳代謝が良くなる、内臓を刺激するなどといった身体のデトックス効果のあるヨガですが、影響を及ぼすのは身体のみだけではなく、心、頭のデトックスにも効果的です。

ヨガの一連の動きアーサナ(ポーズ)と、プラーナヤーマ(呼吸)をすることで、体内には多くの酸素を取り入れることができます。酸素は脳の動きを活発にするので、頭がクリアになったりスッキリしたりします。

また、ヨガ中は身体に意識が向きますので、それまで、アレコレ考えたり、悩んでいたりといった思考も一旦ストップさせることができます。思考の行き先が身体に向いている間に、身体はアーサナ(ポーズ)を取ることで筋肉がほぐれ、快適な状態になっていきます。この為、身体の心地よさに意識が向き、いつの間にか、考えや悩みがふと軽減されていた、なんてことも多いにあります。

ヨガで行う瞑想も、プラーナヤーマ(呼吸)により意識的に酸素を取り入れ、さらに頭に浮かぶ思いや考えを一つづつ流す作業をするので、頭が整理され、悩みが緩和されたり、感情が静かなものに変化するといった効果があります。

このような、頭や心への作用も、一種のデトックス作用と言えますね。




おすすめの記事