アクセルのやり方とコツ | フィギュアスケートのジャンプ上達法

フィギュアスケートの技の中でも大技と言われているアクセルジャンプの登場です。

唯一前向きで踏み込み、後ろ向きで着氷するアクセルは、1回転するには実質1回転しなくてはならず、ほかのジャンプより半回転多いのが難点です。

それでもアクセルが得意な選手もおりますので、練習の積み重ねでどのジャンプよりも得意とすることも可能です。

そうなるよう、楽しみながら練習を重ね、少しでも早く上達していきましょう。

アクセルを成功させることでダイナミックな演技も可能になります。

優雅さやダイナミックさでメリハリをつけることで、見ている人をより魅了させるフィギュアスケートに完成させることができます。

1.足の位置

アクセルはトウを突いて跳ぶものではなく、片足を振り上げて跳ぶエッジタイプのジャンプです。

トウで突くジャンプのように簡単に跳びあがることができず、それに加え半回転多く回らなくてはなりません。

課せられる要素が多いのがこりジャンプの特徴です。

そんなジャンプですが、蹴って振り上げる右足の存在が不可欠です。

まず、跳ぶ前の足の位置ですが、左足はまっすぐ垂直に、右足は左足の後ろでブレードを横にして立ちます。

逆T字になる足の位置、これを覚えてください。

蹴り上げる右足ですが、ブレードを横にしてトウの部分が外側に向いています。

そのままでグッと氷上を蹴ると軸の左足がフォア滑走の状態で滑りはじめます。




蹴って後ろに伸ばした足を前の方に振り上げると、軸の左足が跳びあがります。

軸足が跳びあがるほどの威力は、振り上げる右足がしっかりと氷上を蹴っていることが必須です。

両足が垂直になったままではそれほどの威力はありませんので、かならず振り上げる足は水平であることが必要です。

2.アクセル

それではフォア滑走から続けてやってみましょう。

軸足は左、跳ぶタイミングを決めたら右足のブレードを横にして左足の後ろを蹴ります。

蹴った勢いのまま前方に振り上げます。

振り上げた威力で軸足の左が浮きます。

腕の振りも使い、身体を空中で1回転半させてから着氷します。

着氷する足は右、後ろ向きで着氷できたなら成功です。

しかし1回転半するのはなかなかできることではありません。

回り切れないと両足で着氷したり転倒したりと失敗もつきものです。

踏み込みの練習だけをするなど、ひとつひとつ丁寧に覚えていくことで成功していきます。

そして必ず身体の軸がまっすぐであることも必要です。

繰り返しの練習、難しい技こそ時間をかけて覚えていくことも時には必要です。

難易度があがれば上達までの時間もかかります。

焦らず自身のペースを乱すことなく続けることが上達するコツでもあります。

フィギュアスケートを心から楽しむ、成功した時の喜びを忘れない、時には初心に戻ってみるなど、上達のコツは至るところに散らばっています。

自身にあう練習方法を見つけ、是非アクセルを成功させてください。




おすすめの記事