レイバックスピン | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけレイバックスピンは、上体を大きくダイナミックに反らしながら回転のバランスをとるので少し難しく柔軟性が必要なスピンです。体の曲線が大きく弧を描き、美しさが強調されるスピンの一つです。 両腕を上手に使いながら色々な姿勢にチャレンジすることが出来ます。

[br num=”1”]

1.レイバックスピン

フィギュアスケートにおけるレイバックスピンは、左足のアウトサイドで滑り少しスタンドの形を取りながら、フリーレッグの右足でバランスを保ちスピンの体勢に入ります。 両手を広げたままフリーレッグを後ろに保ち上体をしっかりそらせます。

右足は膝を曲げて軸足は アキレス腱をしっかり伸ばすようにしてバランスを取ります。頭は軸足であるスケーティングレッグの真上にある様な感覚です。レイバッグの形が終われば上体を起こしながらフリーレッグを横に広げて、軸足に引き寄せて踏み替えて右足のアウトサイドのチェックで滑り終えます。

体の柔軟性が一番要求されるスピンですからバランスを崩すと怪我の危険性があります。 いきなり難しい形のスピンを練習するのではなく、少しずつ上体を反し理想の形へと近づけていくように練習しましょう。 また フリーレッグは高い位置で保てば美しいでしょう。バリエーションとしてはビールマンスピンなどがあります。

背中だけ、或いは背中だけを背中側へ反るのではなく、お尻を軸足に近づけて回転軸から外さないように、上体を腰から大きく反らします。 スケーティングレッグから頭の頂点までが大きな曲線を描く形をとりますが、おしりを回転の外側へ外してしまうと曲線の途中が出っ張ってしまい美しく綺麗なスピンに見えません。




また左足がスケーティングレッグの場合上体が右足のフリーレッグに傾きがちになるので、そうならないように左肩を意識して下げながら上体を反り、出来るだけ両肩を氷面と平行に保つように意識しましょう。背中側の背景が見えるまで上体を反らし、真上より少し背中側の天井の一点を見て回転します。

フリーレッグはスケーティングレッグから離して回転します。太ももがつかないように注意してバレエのアティチュードの姿勢をとります。フリーレッグの膝の位置が落ちやすいので気をつけましょう。意識して高い位置に保ち膝下が表面と平行になるように膝を曲げて姿勢を保ちましょう。

[br num=”1”]

2.レイバックスピンのポイント

またレイバックスピンが上手く出来ないという時は、回転軸が歪んでしまっている場合があります。必ず、左股関節の上に重心があるかを確認し、また天井を見るために恐怖心が生まれるが体を硬直させないようにしましょう。

フィギュアスケートにおけるレイバックスピンは、反らすことにより生まれる曲線が美しいのですが、最初の内はこの形が難しいので徐々に反らしていくようにして無理のない安全な練習を心がけましょう。

またこのレイバックスピンが出来るようになれば、さらに高い柔軟性が必要となりますが、フリーレッグを同じサイドの手で掴むとキャッチフットレイバックスピンとなります。更に高い評価を得ることが出来るので挑戦してみましょう。




おすすめの記事