アクセルジャンプ | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるアクセルジャンプとは唯一前向きに跳ぶジャンプで他のジャンプより半回転回転数が多くなるので難しいとされています。アクセルジャンプの呼び名はノルウェーのアクセル・パウゼンが由来とされています。

1.アクセルジャンプ

フィギュアスケートにおける一回転のアクセルジャンプはスリージャンプと同じ形で一回転半跳ぶジャンプを言います。ジャンプの中で唯一前向きで踏み切るのがアクセルジャンプです。空中で重心を乗せ変えながら体を一回転半させましょう。

左足のフォアのアウトサイドで滑り、両手は軽く後ろに引き両手と右足の反動を使って左足のトゥで踏み切ります。両手を胸元に引き寄せ右足を左足の後ろにつけていきます。両手を胸に抱え空中でバックスクラッチの姿勢をとり、右足のバックのアウトサイドで着氷します。 両手を大きく広げながら左足を後ろに引いてチェックの形でバックに滑ります。

アクセルは前向きで踏み切って後ろ向きで着氷するので他のジャンプと比較すると空中での動作が半回転多いということになります。そのため高さと回転力が必要となります。

左足のトゥで踏み切った時に回転しようと意識しすぎないようにしましょう。 右足を前方へ真っすぐ振り上げて太ももをより高く引き上げ、体に引き付けるようにして回転するイメージです。踏切直前まで腰が回ってしまわないように気を付けましょう。




踏切後は重心を左から右に乗せ替え空中では右足の前に左足をクロスさせるバックスクラッチという形の体勢を作ります。きちんと重心が移動できないと左足を前に出せません。この体制はさらに回転数を増やす時に重要になってきます。

2.アクセルジャンプの助走

フィギュアスケートにおけるアクセルジャンプの通常の助走はモホークやスリーターンなどで右足のバックのアウトサイドになり、アウトサイドから振り向いて左足のフォア・アウトサイドから踏み切って入ります。

フリーレッグの右足を振り上げる時は左足のバックアウトで描いたカーブの延長線上より少し外へ滑らせて跳びます。カーブ上や内側に入ってしまうと遠心力が強くなり踏み切る前に体が回転してしまいます。

振り上げた方向にバックスクラッチの姿勢を取り回転軸を作ります。右腕に体を引き付ける意識で回転し、ランディングである着氷の姿勢が不安定になるのを防ぐため、腕は体の中心より右にまとめる方が良いでしょう。

初めてアクセルジャンプを練習する場合は、陸上で踏切の練習をして前方へ右足を大きく振り上げる事と右腕に体を引き付ける跳び方を覚えましょう。跳び上がる前に回り始めていないか注意しましょう。そして、アクセルジャンプなので一回転半回れているか目標物を確認しながら練習しましょう。




おすすめの記事