サルコウジャンプ | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるサルコウジャンプは比較的跳びやすいジャンプと言われています。左足のバックインサイドに乗って踏切為、跳ぶ前の姿勢を後ろから見ると足の形がハの字になっているのが特徴です。 サルコウジャンプはスウェーデンのウルリッヒサルコウに由来しています。

1.サルコウジャンプ

左手は前に置き右手と右足を後方に引いて、左足のインサイドで後ろ向きに滑ります。 上体を起こしながら左足の膝を曲げて行きます右足が自然と前に出てきますのでそのまま上にジャンプして足の形はハの字になっています。

左足のエッジで踏み切って体を回転させながら右足を真上に振り上げます。空中では体全体で大きなものを抱えているような感じです。 右足のアウトサイドで着氷し、左足を後ろに引いてチェックしますます。両手を大きく広げておくとバランスが取りやすいです。

フィギュアスケートにおけるサルコウジャンプに入る前は右足フォアのインサイドのモホークターン、或いは左足のアウトサイドのスリーターンの2種類の入り方があります。後ろ向きに左足のインサイドで滑り右腕と右足を後ろに保っておきます。

フィギュアスケートのサルコウジャンプをする為には右足が自然に前に出てくるまで待たなければいけませんが、この時左足のインサイドにきちんと体重が乗っていないと踏み切れません。右足には体重が残らないようにしておきましょう。 踏切の後は右足を振り上げながら両手を一緒に胸元に振り上げます。




2.陸上での練習

フィギュアスケートのどのジャンプもそうですが陸上で軸を作り回転する練習をすることをお勧めします。 まず 回転せずにそのまま上にしっかりと跳び上がる練習をします。その時両手はしっかりと横に開き両足は肩幅に開きます。

膝足首をしっかり曲げて跳び上がります。跳び上がった時の両手は胸元で閉めます。そして陸上で着地する時は両足で着地して両手をしっかり広げる、或いは片足の右アウトサイドで着氷するイメージでしっかり左足を後ろに引いてフィギュアスケートのチェックの形で着地する練習をしてください。

そして最初は回転なしで練習して少しずつ回転数を上げていくのがよいでしょう。 いきなり一回転やそれ以上回ろうとすると、バランスを崩して転んでしまうこともありますので、まずは回転なしのノー回転で上に上がって降りるだけを練習します。

その後4分の1回転ずつ回っていき、それが出来るようになったら半回転を回るという風にして少しずつ回転数を増やしていけばいいでしょう。 陸上で跳ぶ時は目標物を決めて回転すると練習しやすいです。

そしてそれができるようになったら今度はフィギュアスケートのサルコウジャンプを陸上でしてみてください 。最初は少しやりにくいかもしれませんが左足で少し跳ねながらでも構いません。 左手を前に置き右手を後ろに引いたのを胸元に寄せて、それと同時に右足を上に引き上げて跳ぶ練習をしましょう。




おすすめの記事