スネーク | フィギュアスケートが上達する練習方法

実際の試合などでスネークはあまり使われていることはないかもしれませんが、フィギュアスケートが上手くなるにはこのような基礎の練習から初めてみるのが良いでしょう。

1.スネークとは

両足を平行にしたまま膝と足首の曲げ伸ばしとエッジのインサイド・アウトサイドを上手く使って、蛇の様に滑って行く滑り方をスネークと言います。下半身の動きだけで左右ジグザグに氷を押して滑っていきます。

1.フォアのスネーク

基本姿勢の両手を広げまっすぐ前を向いた状態からスタートします。慣れるまでは緩やかなスピードで両足平行のまま滑走するところから始めると良いでしょう。

肩のラインは崩さないで両足の足首と膝をしっかり曲げてつま先を右斜め前に向けます。右足のかかとで氷をグッと強く押して滑ります。

右の方に振った下半身のひねりを戻しながら左足のエッジをインサイドからアウトサイドへ 右足をアウトサイドからインサイドへ替えて滑らします。

両足を平行に揃えたままフラットに滑ります。 そして上体は 前を向けたまま にしておきます。両足の足首と膝を曲げ、下半身のひねりを戻しながら再び エッジを切り替えて滑ります。膝をゆっくりと伸ばしながら両足を平行に揃えて滑ります。

上手になるポイントは上体のひねりを出来るだけ少なくして滑ります。 蛇が動くように平行した両足を左右ジグザグに振っていきますがこの時にお尻を振らないように注意しましょう。上体はなるべく前を向けたままで、下を見て滑らないように気を付けましょう。




体のひねりは最小限に抑え、出来るだけエッジで氷を左右交互に押し付けて動きをコントロールしていくことを心がけましょう。その時に手が前に回りすぎないように注意します。

かかとでしっかりと氷を押しながらタイミングよくスムーズな流れを心掛け、エッジを切り替えていきましょう。

2.バックのスネーク

バックのスネークスケーティングも同じような動きです。 足首と膝をしっかり曲げて左右交互にしっかり押して滑って行きます。

バックスネークの場合は後ろに進みますので、進行方向に背を向けて基本姿勢をとります。 その状態から足首と膝をしっかり曲げ下半身をひねります。そして両足の足首と膝を曲げ 右足はインサイドエッジ、左足はアウトサイドエッジに乗り、右足のつま先でグッと氷を押します。

その後膝を伸ばしながら両足のエッジをフラットに切り替えます。 そして上半身を前に向けたままで下半身をひねります。下半身のひねりを戻しながら再び両足の足首と膝を曲げてエッジを切り替えていきます。その後膝を伸ばしながら両足を平行にして滑ります 状態はなるべく前に受けたまま滑って行きます。

上手に滑って行くポイントはフォアと同様に腰を振ったりせず、腰を回しすぎないように滑ることです。両手は横に広げて軽く体の動きに沿わすと良いでしょう。氷はつま先でしっかりと押していきます。

またフォアと少し違うのはバックで滑るとき、少し前のめりになってトウにかかりやすくなることです。音がガリガリするようなら体重がエッジのトウ部分にかかりすぎているという事ですので、もう少しだけ後ろに体重をかける様にしましょう。そうすることによりスムーズな動きになり上手く滑っていけます。




おすすめの記事