スタンドスピン | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるスピンの基礎といえばスタンドスピンになるでしょう。またバックスクラッチなどはジャンプの軸を出すためによく練習されます。バックスクラッチとは、右足のフォア・インサイドで入りターン後すぐに右足の前に左足を持っていき回転を速めて回るスピンです。

1.スタンドスピン

フィギュアスケートにおけるスタンドスピンにはいろいろありますが、最初に練習するのは両足のスタンドスピンでしょう。スケート教室でもよく練習します。それが出来るようになれば片足のスタンドスピンです。

これらは基本姿勢の立ったままの状態からで出来ますが、スケーターたちがよくしているようにバッククロスから入るのが一般的です。片足スピンとバッククロスが出来るようになってから練習してみましょう。

1.両足のスタンドスピン

全てのスピンの基礎となるのが、両足のスタンドスピンです。 両足を肩幅程度に広げ、両腕を前後軽く振った後、上体をひねります。 上体のひねりを戻す力を利用して左手が前から右手を前に振ると同時に、体を反時計回りに回転させます。 両腕は体の前でゆっくりと 胸元に引き寄せて閉めましょう。

それと同時に今まで開いていた左足を軸にして右足を近づけていきましょう。それにより回転スピードが上がります。スピン後は両手を広げながら回転スピードを落とししっかりとチェックしましょう。スピンは氷上を流れないように1点で回ります。視線は顔を上げて背筋はまっすぐに状態です。




2.片足のスタンドスピン

基本姿勢から左足を踏み出していきアウトサイドで滑ります。フリーレッグの右足でバランスを保ちながら左足を軸に体を回転させていきます。その時右のフリーレッグは右前方に しっかりあげましょう。

そして両手を胸に引き寄せ右足を左足の膝の横に引き寄せます。そうすると回転スピードが上がり、しっかりとしたスピンができます。 両手を広げて回転スピードを緩めたら右足アウトサイドに踏み変えてチェックをしてバックで滑ります。

スピンに入る時の左足アウトサイドはしっかり乗り、自分から回るのではなく自然に回って行くまで少し待ちましょう。そうすることでぶれることなくしっかりとした安定感のあるスピンが出来ます。

フィギュアスケートにおけるスピンの入り方はいろいろありますが、基本の入り方としてはバッククロスから左足アウトサイドに踏み出して入る形が一般的です。他には右足インサイドからのスリーターンで入ることもあります。

バッククロスから入る場合、バッククロス後左足を大きく後ろに引いてから左足のフォアのアウトサイドに滑って入ります。またスピンが終われば両手を大きく広げ、左足フリーレッグも大きく左後方に高く上げてチェックして終わってください。

どのスピンもまずぶれることのないしっかりとした軸で回り、形の良いものである必要があります。ぶれることなく1点で回ることが出来るようにしっかりと練習しましょう。またどの瞬間であってもしっかりと胸を張り、正しい姿勢で滑る必要があります。

スムーズな動きにするにはクロスやスリーターンなども合わせて練習しておく必要があります。




おすすめの記事