ストップ | フィギュアスケートが上手になるための練習方法

フィギュアスケートの試合や日頃の練習で必ずと言っても良いほど ストップをかけます 。試合などでスケート選手はステップをして、流れの中で少し止まるなどのポーズをしたり、或いは最後にポーズを決めるために止まったりします。 これらはスケーティングの流れの中でメリハリや強調性を高めることが出来る大切な動作です。

1.フィギュアスケートのストップの仕方

フィギュアスケートには 4つのストップの仕方があります。ハの字型ストップ、 T字型ストップ、逆T字型ストップ 、二の字型ストップです。

1. ハの字型ストップ

ハの字型ストップとは スキーのボーゲンでハの字に止まるのと同じような感じです。 両足に均等に体重をかけてカタカナのハの字の形の止まり方です。一番簡単なストップでしょう。

両手は 軽く広げて止まる時に体がくの字に曲がってしまないように気を付けましょう。まず両足を平行にして滑ります。そして足をハの字にして上体は前にも後ろにも傾かせずに真っ直ぐにしておきましょう。

右と左の足は同じような形で開くのが良いでしょう。エッジは 少しインサイドに傾けます。そしてブレーキをかける感じです。手を前に出すことでストップの時の上体が前に傾かないようにすることができます。

2. T字型ストップ

次にT字型ストップですがこれは体重をしっかり前に乗せ右足のアウトエッジを使って体重を止めましょう。
まず左足フラットでまっすぐ前に進みます。左足の足首と膝は曲げておき、滑っているスケーティングレッグの左足の膝を伸ばしながら右足のエッジを横にし、前に出していきます。 そして右足のアウトサイドで氷を蹴っていく感覚です。ポイントは前の足に体重をかけていく感じです。この時下を見ないように上体を起こし前方を見ましょう。




3. 逆T字型ストップ

逆T字型ストップは右足のアウトエッジでブレーキをかけてする止まり方です。 上体は真っ直ぐのまま前方を見ましょう。最後まで前向きの姿勢を保ってください。

まず左足のフラットで滑ります。左足の足首と膝は曲げておき、左足の膝を伸ばしながら右足のエッジを横にして左足のかかとの後ろに移動させます。 それから右足のアウトサイドで氷を擦って滑りを止めます。 その時両手でバランスを取り、上体を前方に向けたまま顔を上げておきます。

この時の注意点は腰が回らないように気を付けることです。急にスピードを出してもうまく止めることができません。最初は一歩進んで止まるを練習してから少しずつスピードを出していきましょう。

4. 二の字型ストップ

二の字型ストップはよく ホッケーやスキーなどで見かけるストップです。 下半身のひねりで一気にエッジを横にしてする止まり方です。右手を足とはとは逆方向に引くことでバランスをとりやすくなります。
両を平行で滑り右手を前、左手を後ろにして上体のひねりを戻しながら、左右のエッジを素早く真横に向け止まります。

つま先ではなく、踵を横にするイメージです。また足を二の字にした時に一緒に身体が回ってしまわないように両手を上手く使い上体を逆側にひねることが大切です。

一番よく使うのは逆T字型ストップかもしれません。どのストップも最初はあまり無理をせずスピードを出さないで練習してみましょう。少し止まれる様になったらスピードを出して綺麗に止まるように練習しましょう。




おすすめの記事