足換えシットスピンのやり方とコツ | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートのスピンもかなりマスターしたと思います。

ひとつひとつをマスターしたら、次は足換えを覚えてみましょう。

足換えシットスピンです。

シットスピンとはしゃがんだ状態でスピンをすることだと説明したと思います。

しゃがんだ状態でどうやって足換えをするのだろうと思うかもしれませんが、なにもしゃがんだままで足換えをするわけではありません。

フィギュアスケートの上級者にもなれば足換えシットスピンも滑らかに、足換えをする動作さえもスピンの一部のようにやってしまいます。

そうなるまでにはかなりの練習を積んだはずです。

初心から中級者であっても、繰り返し練習することで上達しますので、そんな足換えシットスピンができる日もそう遠くないと思います。

1.足換えの基本

まず、足換えを覚えてもらいます。

そこで、足換えシットスピンなのですが、ここはアップライトスピンで足換えのコツを覚えてください。

アップライトスピンは身体がまっすぐ直立の状態です。

では、アップライトスピンに入ります。

仮として軸足を左足にしてご説明いたします。

左足を軸にして回転しながらフリーになった右足を軸足に近づけていきます。

交差はせず、また両足で着氷しないよう気を付けてください。

ある程度回転したらフリーの右足を着氷させます。

両足でスピンをしてはいけませんので、右足を着氷させたら軸足の左足は氷上を蹴ってフリーにします。




そうすることで一旦回転速度が緩やかになり、ターンをしているような感じになります。

フリーの足が後方へと伸び始めると右足を軸にして回転します。

足換えをする際、少し膝を曲げることで滑らかな足換えをすることができます。

2.足換えシットスピン

シットスピンの足換えは空中で行うものもあります。

しかしそちらはここでいう足換えシットスピンとは違うものになりますので、同じ足換えでもやり方が違うだけでまったくの別物となることを覚えてください。

アップライトスピンでの足換えができるようになったら、シットスピンで足換えをやってみます。

足換えのコツはアップライトスピンと同じです。

ではしゃがんだ状態でどうやって足換えをするのか……それはフィギュアスケート選手の演技を見てもらえればわかるかと思います。

足換えの際、腰を浮かして中腰のような感じになっていると思います。

完全に曲がった膝が伸びることで、伸ばしたフリーの足が前方にまっすぐではなくなります。

自然な状態で氷上近くにブレードがありますので、このタイミングで足換えをします。

足換えをしたら再び基本的なシットスピンの体勢にしたり、別のバリエーションを加えたりして加点を狙うのが競技のフィギュアスケートになります。

そうではなく上達の練習であるならば、足換えシットスピンの練習なのでシットスピンの基本を復習するためにも、同じ姿勢に戻る方が上達しやすいかもしれません。




おすすめの記事