スケートパークのルールやマナー|スケートボードの基本

駐車場や公園などでやるスケートボードも楽しいですが、スケートパークでやるのも非常に楽しいですよ。

スケートパークは誰でも利用できる施設です。初心者でもどんどん行って大丈夫です。

スケートパークでスケートボードをする時のためにルールやマナーを覚えておきましょう。

1.スケートボードとスケートパークのルール

どこのスケートパークでも利用する上でいくつかのルールが決められています。管理者がいて利用料を支払うスケートパークはもちろん、公園の一角にあるようなスケートパークでもルールはあります。

ルールを守らないで利用すると、場合によっては出入り禁止になったり、最悪そのスケートパークがなくなってしますこともあります。ルールはしっかり守りましょう。

スケートパークのルールは、そこの施設によって違いますので、そこのルールを守りましょう。料金を払ったり、登録手続きが必要な所もあります。

自由に使って大丈夫な所でも、夜間の使用のルールだったり、利用する上での注意看板などが出ているのと思うので、それをよく確認してから利用しましょう。

決められているルールを守って、常識の範囲で利用すれば大丈夫だと思います。ゴミをちゃんと持って帰るとか、迷惑行為をしないなどのマナーを守れば大丈夫です。




2.アイテムを利用する上でのルール・マナー

スケートパークのアイテムや設備を利用する上で明確なルールはありません。稀に事細かに決めている所もあるかもしれませんが。

基本的にはそのスケートパーク内に誰もいない状態なら、なにも気にせずに自由に使って大丈夫です。

ただ1人で利用できることはほとんどないと思います。他にも利用者がいる時は、お互いマナーと譲り合いの気持ちを持ってお互い邪魔にならないように利用するしかありません。

とは行っても始めていく人はよくわかりませんよね。ですので一般的なスケートパークのマナーについて解説します。

1.順番を守る

複数の人で同じアイテムを使っている場合は順番で使います。2回も3回も連続で利用するのはマナー違反になります。ランプなら失敗したら交代しましょう。

ランプなどだと失敗しないでずっと続けることも可能です。そういうアイテムの場合は譲り合いの気持ちを持って交代するのが大切です。

2.初心者でも遠慮しない

初心者だからって遠慮することはありません。どんどん使いましょう。逆に言えばスケートボードがうまいからってなんでもしていいわけではありません。

それと遠慮して同じ端っこばかりにずっといられると、かえっって流れの妨げになって邪魔になることもあります。広い所を使って利用すると良いです。

最低限のマナーなこんなものです。あとはそこの施設のルールに従って利用しましょう。




おすすめの記事