テールマニュアルのやり方|スケートボードの乗り方

テールマニュアルはスケートボードのノーズを上げたまま進んで行くトリックです。ウイリーをイメージしてください。

テールが地面についてもダメですし、前輪が地面についてもダメで、バランスを極めるトリックになります。

リスクも少ないトリックですので、初心者が挑戦するトリックには向いています。

1.テールマニュアルのやり方

テールマニュアルのやり方は、まずプッシュをしてスケートボードで真っ直ぐに進んでいきます。

テールマニュアルにはスピードも結構重要です。速すぎると恐怖心を覚えてしまい難しですが、遅すぎるのもバランスをとるのが難しくなります。

スタンスは基本のポジションが良いです。前足は前のビスあたりで、後ろ足はテールに置きます。両足ともデッキのセンターに乗りましょう。

スタンスを決めたら、重心を若干テール側に移動し、テールを踏み込んでノーズを上げます。重心移動もテールの踏み込みも少しずつやります。一気にやると急激にノーズが上がってテールが地面に着いてしまいます。

そのまま前輪が浮いた状態で地面につかないようにバランスを取りながら進んでいきます。

2.練習方法

最初にテールマニュアルに挑戦する時は、止まった状態で手すりなどに掴まりながらやってみましょう。テールマニュアルをキープできる重心位置やテールの踏み込み方を覚えます。




ここで覚えておいて欲しいのは、テールマニュアルの練習は止まった状態でやってもほとんど練習にならないということです。ゆっくりでも良いので、スケートボードで滑ってる状態でないとバランスを取ることができないのです。自転車と同じですね。

重心位置などを確認するために止まった状態でやるだけです。確認ができたら走りながら挑戦しましょう。

最初は一瞬しかできないと思います。少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

なにか目安となる物を置いて、そこからテールマニュアルを開始して前回よりも長い距離をできるように練習します。

すると徐々にバランスの取り方などがわかってくるはずです。

3.テールマニュアルを極める

短い時間だけテールマニュアルをするのはそれほど難しくないと思います。しかし長い時間やるとなると非常に難しくなります。

上手い人になるとバランスを崩しても、修正しながらずっと続けることができます。バランスの修正ができるようになったら、テールマニュアルの初心者卒業と言えるでしょう。

さらにプロなどの上手い人になると、トリックとトリックの間をテールマニュアルで繋げるコンビネーショントリックをします。

トリックをしてテールマニュアルをし、そのままスタンスを整えてまたトリックします。

テールマニュアルは奥が深い限界のない技術ですので、うまくなっていけば非常に面白いですよ。




おすすめの記事