止まり方|スケートボードの乗り方

スケートボードの止まり方は、意外とおろそかにされていることがあります。

ある程度スケートボードができる人でも、止まり方を知らなかったなんていうことは結構あります。

たしかに最初の頃は、スピードを出すことも少ないで、止まり方を知らなくても困りません。しかし正しい止まり方を知らなければ、危険ですし格好も悪いですよ。

1.スケートボードの止まり方は意外と難しい?

スケートボードの止まり方は簡単そうに感じますが、実は意外と難しい技術です。たしかに動き自体は非常に簡単なので、遅いスピードでやった時はそれほど難しいものではありません。

しかしスピードが速い状態だと一気に難しくなります。速いスピードから一気にブレーキをかけると、つんのめって吹っ飛んでしまします。徐々にブレーキを強めていかないといけないのですが、その徐々に、というのが難しいのです。

一度速いスピードからやってみてほしいのですが、おそらく正しいやり方を知らないとできないと思います。

正しい止まり方を知らない状態で、下り坂に行ってしまったら非常に危険ですので、やり方をしっかり覚えましょう。

2.1番簡単な止まり方

スケートボードの1番簡単で基本的な止まり方は、「フットブレーキ」という片足で地面をこすってブレーキをかけるやり方です。

滑っている状態から、後ろ足を地面におろして、ブレーキをかけます。




一気に片足を地面に下ろすのは凄く簡単だと思います。おそらく誰でも一発でできるのではないでしょうか。

しかしそのやり方は正しいやり方とは言えません。速いスピードの時に一気に足を地面に下ろしたらどうなるでしょうか。自転車から飛び降りるのを想像してください。勢いは一気に止まらないので吹っ飛んでしまいます。徐々にやらなくてはいけません。

徐々にブレーキをかけるのには、デッキの上で片足立ちをする練習をします。

前足のつま先を進行方向にまっすぐ向けて、前足だけで片足立ちをします。完璧にできる必要はありません。とにかく前足重心の姿勢をマスターしましょう。

なんとなくでもいいので、片足立ちができるようになったら、膝を軽く曲げて、後ろ足を地面に軽くこするように着けます。

そして少しずつスピードを落としていきましょう。

3.いろいろな止まり方

フットブレーキ以外にも止まり方があります。

テールブレーキとパワースライドです。

テールブレーキは後ろ足でテールを踏み込み、テールを地面に擦りつけて減速する方法です。これも高速から少しずつ減速するのが難しいので練習が必要です。

パワースライドは走行中デッキを横に向けて、ウィールを使って減速する方法です。パワースライドは止まり方というよりもトリックとしての特色も強い技術です。




おすすめの記事