フロントサイドターンのやり方|スケートボードの乗り方

バックサイドターンができるようになったら、次はフロントサイドターンに調整しましょう。両方のターンができるようになれば、どこへでも自由自在に行くことができます。

スケートボードのフロントサイドターンを解説します。

1.スケートボードのフロントサイドターンってどっち?

フロントサイドターンはつま先側に曲がって行くターンです。レギュラーの人なら右側、グーフィーの人なら左側です。

つま先側のターンは、横向きで進んだ時に、体の正面の方にターンするのでフロントサイドターンです。バックサイドターンよりも進行方向が見やすいというメリットがあります。

2.フロントサイドターンのやり方

では実際にフロントサイドターンをやっていきましょう。
まずはテールを踏み込んでやるターンです。

1.テールを踏み込んでやるターン

最初はゆっくりのスピードで行います。

一旦真っ直ぐに進んでから、少しだけつま先側に重心を移動します。そしてテールを踏み込んでノーズをつま先側に動かします。

ノーズを動かすのは少しだけです。一気にやりすぎると遠心力が強くかかって、ターンの外側に投げ出されてしまいます。バランスをとりながら、少しずつ連続して行い徐々にターンをしていきます。

テールを踏み込んでやるターンは急激な方向転換ができるので、スピードが遅い時や、曲がりきれない時などに使ったりします。




2.トラック使ったターン

トラックを使ったターンは、テールを踏み込んでやるターンよりも速いスピードで行います。ターンをしていると減速をするので、速いスピードでも大丈夫です。逆にスピードが遅いと難易度が高くなってしまいます

プッシュをして速いスピードで真っ直ぐ進みます。そこから徐々につま先側に重心を移動していくとデッキが傾いてターンが始まります。

体をターンの内側(つま先側)に傾けることで、遠心力とのバランスが取れて、綺麗にターンをすることができます。

ターンの最中は重心をつま先側でキープする必要があるのですが、その時に、頭が下がってお辞儀をするような姿勢にせずに、体全体で重心をつま先側に持って行く意識を持ちましょう。

フロントサイドターンは目線が足元にいってしまい、体が倒れすぎてしまうことがあります。そうなると曲がりすぎてウィールがスリップしてしまうことがあります。なるべく進行方向に向けることを意識すると改善できるでしょう。

3.トラックを調整する

スケートボードのターンはトラックによって、動きが全然違ってきます。トラックの性能でターン性能も変わっていしまうのですが、多少なら調整をすることができます。

キングピンのナットの締め具合でトラックの動きを調整します。

締めると固くなり、安定感はでますが、ターンはしにくくなります。

緩めると、ターンはしやすくなりますが、しかしグラグラするので安定感はなくなります。




おすすめの記事