ボードピックのやり方|スケートボードのやり方

スケートボードのボードピックというのを知っているでしょうか。

ざっくり言うと、デッキを拾い上げる、ということなのですが、ただ拾い上げるのではなく、足でデッキを弾いたりして、格好良く拾い上げることを、ボードピックと呼びます。

ある意味スケートボードのトリックの1つでもあるので、楽しく覚えましょう。

1.スケートボードのボードピックやり方

1番基本的なボードピックのやり方を解説します。

デッキを地面に置きます。そしてデッキの横に立ちましょう。そしてテールを地面に弾くように蹴ります。すると反動でノーズが持ち上がってきますので、それを手でキャッチします。

基本的なボードピックのやり方としてはこれだけです。おそらくただやるだけならそれほど練習をしなくても出来てしまうと思います。

2.ボードピックは格好良さが最重要

形にこだわらずに、ただボードピックをやるだけなら難しくはありません。
しかしボードピックはいかにさりげなく格好よくやるかが重要です。

言ってしまえば、ただボードを拾うだけですので、それを必死こいてやっていたら、「足なんて使わないで手で拾えよ」と少し滑稽に感じてしまいます。

スケートボードの上手い人は、まるで歩くかのように当たり前にボードピックをします。それくらいスムーズなボードピックが格好良いですね。

ボードピックはさりげなさと格好良さが重要です。




1.ランニングプッシュに繋げる

ボードピックをしてデッキを拾い、ランニングプッシュに繋げるとさらに格好良いですね。

スケートボードの上手い人は、毎回止まる時はボードピックをしてデッキを拾い、滑り出すときはランニングプッシュをするイメージがあります。

当たり前のようにできるようになったらかなり格好良いですね。

3.トリックとしてのボードピック

ボードピックはいろいろなやり方もできるのでトリックとしての一面もあります。

例えばフリップやショービットを入れてみたり、ノーズを使ってやてみたりなどです。

ある意味無限のやり方があると言えるでしょう。

いろいろなボードピックを紹介している動画などもYouTubeなどにアップされていますので、参考にしてみたはいかかでしょうか。

4.気分転換にもおすすめ

フリースタイルやストリート系のスケートボードをしている人は、オーリー系のトリックをやるでしょう。それかランプやパークを流したり、といったことをすると思います。

いずれもデッキに乗ったままやる動きばかりです。

ボードピックはデッキから降りて行うトリックですので、独特な動きになります。非常に新鮮味を感じられるので、気分転換をするのにピッタリです。

いつもやっているスケートボードに飽きてきた時や、行き詰った時に気分転換として、いろいろなボードピックをやるのも楽しいですよ。




おすすめの記事