スケートボードには滑る、曲がる、止まる、以外にもテールを踏んでノーズを上げたり、ノーズを踏んでテールを上げる、といったスケートボード独自の動きがあります。

テールを踏んでノーズを上げる動作は、基本中の基本のような動きですので、まず最初に覚えましょう。

1.スケートボードのノーズを上げた状態から元に戻る

いきなり滑りながらやるのは大変難しく危険ですので、まずは止まった状態で行ってください。おすすめなのは、芝生の上などウィールが動かない所でやれば、より安全で簡単にできます。

最初にやる時はノーズを上げるのではなく、ノーズを下げる動きをやりましょう。

まずデッキのテールに後ろ足(レギュラーなら右足、グーフィーなら左足)を乗せます。前足はまだ地面に置いたままの状態にします。

その状態のまま後ろ足踏み込んでテールを地面につけます。するとノーズが上がります。

そしてテールの上で後ろ足だけで片足立ちの状態にしましょう。この状態なら動くことがないのでスケートボードの上でも安定した状態だと思います。

次は前足をノーズ側のビスあたりに乗せて、体重を前足側に乗せていきます。すると倒れ込むような感じで、ノーズが下がって元の体勢に戻ります。




なれるまでこの動きを練習しましょう。テールを踏んで片足立ちになって、ノーズを踏み込む。そしてまた前足を下ろして、テールを踏んで、、、とやっていきましょう。

2.スケートボードのテールを踏んでノーズを上げる

ノーズが上がった状態から、ノーズを踏み込んで戻る動きに慣れたら、次は逆にテールを踏んで、ノーズを上げる練習をしましょう。

普通にメインスタンスでスケートボードの上に立ちます。後ろ足はテールの上、前足はノーズ側のビスを半分踏む位置がやりやすいです。その時重心は両足均等にかけましょう。

そこから徐々に後ろ足の方へ重心を移して行きます。頭を動かしていくのではなく、立ち疲れてどちらかの足に乗る時のような動きで重心を動かしていきます。

体重を完全に後ろ足だけにかけてしまいましょう。体重が後ろ足だけにかかっても、前足を上げない限りノーズが上がることはないので大丈夫です。

前足を上げればノーズが上がり、テールが下がって地面に付きます。前足を上げる時はある程度一気に上げましょう。

テールが地面に付いて片足立ちの状態になれば、ウィールが動くことがないので安定しますが、中途半端にやってノーズが下がって元に戻ってしまったら、ウィールで動いてしまうのでバランスを失ってしまいます。

ノーズを上がることができたら、ノーズを上げては下げるを繰り返し練習します。




おすすめの記事