ショートボードのボトムターンのやり方とコツ | 趣味のサーフィン

ボトムターンはショートボードをやり始めて、まず最初にマスターすべきテクニックです。

また、ショートボードは自分の体重のかけ方や敏感な動きがサーフボードの動きへと繋がるため、思う通りに動かすことが出来れば、サーフィンが更に楽しくなってきます。

最初は思うように動かせず苦戦することもありますが、ショートボードのボトムターンのやり方とコツについてご紹介します。

1.波のボトムまでしっかり降りて、踏ん張る

ボトムターンはスピードがついていないと成功しません。

テイクオフ時から波が掘れていれば、レールに体重をかけ斜めに滑りおりていき、波が掘れていない場合、真っ直ぐ垂直に降り、前足に荷重をかけスピードをつけます。

膝は曲げて、波のブレイクする具合に合わせて柔軟に姿勢を整え、ボードのスピードと安定性を意識しておきます。

目線を進行方向に向けながら、次のライディングラインをイメージし、ボトムターンを行う場所を決めます。

ボトムに降りるときは、力を抜いて後ろ足荷重に移動させ、フィンの回転を最大限出せるように準備します。

波側の手を水面につけるイメージで(海につけてもOK)、波側の肩を下に落とし、更に後ろ足荷重にし、レールに体重を入れていきます。




波のボトムでは体重を使って踏ん張ることで、レールを長い時間、水面に入れておくことで、波の反発力が高まり加速させることができます。

このボトムターンを成功させることで、スピードやパワーを溜め、次のアクションへ繋げていきましょう。

2.失敗から学ぶ

ボトムターンは言葉で説明するとそこまで難しい様には感じませんが、実際にはスピードやタイミングが合わないと、正しいボトムターンが成功しません。

ボトムターンのコツを記載しましたが、上手くいかないときは、一つずつ動きを確認してどこに原因があるのか探りましょう。

私の場合、ボトムまでのスピード不足、ボトムでのレール荷重不足、フィンの回転性理解不足など・・・。

何が成功で何が失敗か解らないこともありましたが。

しかし練習を重ねる毎に、少しずつコツをつかみ始め、ボードがターンする感覚やスピード感など、成功に近づくにつれテンションやモチベーションが上がっていったことを今でも覚えています。

サーフィンのテクニックが成功すれば、もちろん気持ちが良いですし格好が良いです。

しかし、誰でもすぐ出来る訳ではありません。

なかなか上手くいかないトレーニングをも楽しむには、自分自身のモチベーションが非常に重要です。

海に入る時は、その日の中で一つでも何かコツを掴もうという気持ちを大事に、トレーニングに臨みましょう。




おすすめの記事