ショートボードのフェイドターンのやり方とコツ | 趣味のサーフィン

フェイドターンとは、波のブレイクする方向とは逆向きにテイクオフをしてターンをすることです。

さほど難しい技ではないので、分厚い波でテイクオフ、ターンが出来れば直ぐに習得できるので、しっかり練習してマスターしてみましょう。

ターンのバリエーションが増え、サーフィンがこれまで以上に楽しくなるはずです。

ここではショートボードのフェイドターンについて、やり方とコツをご紹介致します。

1.フェイドターンのコツ

まずはブ厚めの波を選び、練習を始めましょう。

テイクオフ時に軸足をややテール側に置くイメージを持っていれば、直ぐに素早いターンの体勢をつくることが可能です。

サーフボードのノーズを波のピーク側に向けテイクオフした後は、再度波が崩れていく進行方向にノーズを向け直してターンをしましょう。

注意点としては、海がサーファーで混雑している場合、通常と逆の方向へテイクオフすることで、他のサーファーと接触するリスクも上がってしまいます。

トラブルを避けるためにも、周りの状況を確かめ十分に注意して練習して下さい。

もし周囲のサーファーが同方向へパドリング、波に乗ろうとしていれば、こちらも無理してフェイドターンをしようと思わずに、切り替えてサーフィンを安全に楽しめるように気をつけましょう。




フェイドターンは主にロングボードで行われますが、ショートボードにおいても原理は同じですので、ぜひマスターしてみて下さい。

2.サーフィン中の目線が変わる!?

フェイドターンをトレーニングすることで、ひとつ大きな進歩に繋がることがあります。

それは、波のサーフィン中にピークへ戻ることがどういうことか掴めるチャンスだということです。

パドリング、テイクオフ、波を横に滑る、ボトム・トップでのターン等、トレーニングするにつれ様々なテクニックを習得していく訳ですが、波のパワーゾーンに戻るためターンの必要性はサーフィン中級者になるにつれ理解できてくると思います。

それは、波を選ぶセンス、テイクオフ後の目線やライディングラインを考えたり、実際にテクニックを入れながらの動作など、ひとつひとつのテクニックを組み合わせ、総合的なサーフィンを考えられるようになってきた証とも言えます。

こういった考え方が出来るようになれば、サーフィンをする上においても、どうすればもっと上手くなるのか、理論的に考えるようにもなるでしょう。

基本テクニックを一通り習得するには、気力と時間を要しますが、一旦習得すればサーフィンをすることが更に楽しいものへとなります。




おすすめの記事