湘南で抑えておきたいサーフポイントまとめ

湘南とはサーフィンのメッカとしても有名なサーフポイントです。

湘南の街には海沿いに国道が走っていて、何ヶ所ものサーフポイントを横目にドライブも楽しめます。

又、江の島や景色の良い時には富士山も見ることができる、最高のロケーションです。

肝心の波については、年間を通して常に良い波が入ってくる訳ではないですが、台風の接近によっては、最高の波が訪れます。

夏には海水浴客やサーファーが多く集まるエリアですので、ルールやモラルには十分気を付けた上で、是非一度訪れてみてください。

1.鎌倉エリア

鎌倉エリアは江の島の対面に長いビーチが続いていて、有名なポイントが「由比ヶ浜」あたりです。

夏は海水浴場として賑わう海岸なので、小さ目の波がブレイクすることが多いポイントです。

まったく波がないフラットの日が続く事もあるので、気候の情報や波の情報をしっかりチェックしてから向かう事をおすすめします。

海中は砂浜が続いているので、初心者の方でも怪我をすることなく安心です。

海水浴場でもあるので、駐車場やシャワーなど設備は整っています。

続いて、鎌倉エリアの南西あたりにあるのが「七里ガ浜」です。

相模湾に面した海岸で、海底が岩場なので、きれいなリーフブレイクとなります。




しかし、足の裏に怪我をすることがあるので、リーフブーツなどを装着する必要があります。

陸側にはお洒落なお店やサーフショップが立ち並んでいるので、こちらにも是非立ち寄ってみましょう。

私は、初めて湘南に訪れた時は単独旅行だったので、七里ガ浜のサーフショップに立ち寄り、サーフボードのレンタルやサーフポイントの特徴などを教えて頂き、お世話になりました。

サーフィンレッスンもありますので、一人旅でも安心です。

2.藤沢エリア

藤沢エリアも駐車場など施設が充実しているために、人の多い湘南の中でも更に人気があるポイントです。

鵠沼、辻堂など二つのサーフポイントがありますが、湘南の中でもウネリに敏感なので、波が無い時でもフラットにはなかなかならず、とりあえずロングボードでなら遊べる程度の波はコンスタントにあります。

とはいえ、ワイドなダンパー気味のブレイクとなったり、潮の干満によってはブレイクしなかったりと、その土地・地形による独特の性質というものがあるので、是非サーフトリップで行く際は、事前の情報収集をしっかりおこない、最高の湘南を体験してみて下さい。

必ずまた行きたくなるような雰囲気の中、最高のサーフトリップになること間違いないでしょう。




おすすめの記事