バックサイドで波に乗るコツ | 趣味のサーフィン

サーフィンのスタンスは2種類あります。

サーフボードの上に立つ際、右足が後ろ、左足が前のスタンスをレギュラーといい、その逆がグーフィースタンスといいます。

どちらのスタンスが自分に合っているか、両方のスタンスを試してみて探るのも良いでしょう。

スケートボードやスノーボードでも横のり系のスポーツであれば、たいてい同じスタンスになります。

次に、サーフィンは波を横に滑る訳ですが、乗ろうとする波がどの方向にブレイクしていくのかを知る必要があります。

海に向かって左にブレイクする波をレギュラー、右にブレイクしていく波をグーフィーと呼びます。

よく、グーフィーの波に対してレギュラーに向かっていくサーファーを見かけますが、これでは波が既にブレイクしたエリアになるので、横には滑っていけません。

まず、乗ろうとする波の向き、ブレイクするタイミングを見極めていきましょう。

バックサイドは背中側の波が見えず、難しいと思っている方も多いと思いますが、コツさえつかめば、一気に上達できます。

1. まずは後ろ足荷重を意識する

バックサイドとは、背中側でターンをすることです。

バックサイドの場合、足のつま先で踏ん張ることができないので、かかと側にしっかりと体重移動をする必要があります。




ターンをする時に後ろ足で踏込みながら腰を開いていくという動作になります。

サーフィンをする際、手が先に動き、そのあとに身体がついてくるイメージが強いですが、バックサイドでのターンでは、必ず後ろ足で踏み込む動作が重要です。

後ろ足で踏ん張ることで背中側にサーフボードが回転し、ある程度回転すれば止まります。

腰が開いてくれば、手、腕を前方に戻し、前足に体重移動を戻せば、さらに加速ができます。

バックサイドでターンができない場合、波のトップで手や腕、顔が先に動いてしまっていることが多いです。

それでは、後ろ足で踏ん張る事ができずに、スピードの無いターンになってしまいますので、しっかりと後ろ足荷重を意識しましょう。

2. 腰を入れて膝をまげる

レギュラーと同様に波側のレールにしっかりと体重を乗せましょう。

体勢は、重心が高いとレールが入らないので、お尻を出さずに、腰を入れて膝を曲げます。

この時も、特に後ろ足に深く膝を曲げることがポイントです。

膝に関しては、両膝が同じ高さだと上半身が開かず背中側の波が見えないので、後ろ足をより低くさせると視界も広がります。

正しい体制、視線が出来ないと、上手な体重移動もできません。

バックサイドの苦手意識を克服するためにも、何度も練習を重ねコツを掴んでいきましょう。




おすすめの記事