サーフィン初心者のための恐怖心の克服法

サーフィンをしていると色んな経験をし、その中には恐怖心というもの多くあります。

安全上、ある程度の恐怖心がなければ逆に危険という考えもありますが、恐怖心が強すぎて次のステップに進めないこともあります。

そんな初心者の方のための恐怖心の克服法について何点かご紹介します。

1.何が恐怖なのかを考える

サーフィンをする上で覚える恐怖とは様々な種類があります。

例えば、波に飲み込まれて息が出来なくなる恐怖、他のサーファーと接触して怪我をする若しくは怪我をさせてしまう恐怖、大きな波に乗る際パーリングしてしまう恐怖、落雷する恐怖、サメに襲われる恐怖。

人によって感じる恐怖には差があると思いますが、先述の恐怖は少なからずサーファーなら誰しもが抱えている恐怖だと思います。

恐怖心の克服とは、まず今の自分が何に対して恐怖心を感じているのかまず整理し、理解することから始まります。

2.恐怖の度合いを分析して理解する

恐怖とは、一度体験した恐怖の記憶が強く残り、実際の恐怖以上の恐怖を想像してしまうパターンがあります。

負のスパイラル的なもので、一旦恐怖に蓋をしてしまうと、蓋を開けるのが怖くなって、いつまでも克服することができません。




例えば、波に飲み込まれて息が出来なくなる恐怖を例にすると、どんな波の時に飲み込まれてしまうのか、飲み込まれた後何秒くらい息が出来なくなるのか、一つずつ蓋を外していきます。

すると、原因を考えるようになってきます。

波のブレイクポイント、波の周期、地形との関係、メカニズムなど知らなかったことを知っていくことで、恐怖の度合いや原因を分析できるようになります。

そこまで出来れば、後は解決策を覚えて実践することです。

3.恐怖の克服

どの位置で波待ちをするのがベストなのか、その日の波の周期はどれくらいなのか、サーフィンの上手な人はどんな動きをしているのか、見る目も広がりサーフィンの上達にも必ず繋がるはずです。

恐怖心の克服とは、抱えている恐怖をよく分析し、解決策を探した上で少しずつ実践することが大事です。

あくまで少しずつです。
無理に克服しようと大きな波に挑戦しても、恐怖心が増大するだけなら挑戦しない方がましです。

時には海に入らず海を眺め、波の動きを見たり、他のサーファーの動きを見てみましょう。
きっと自分が抱えている恐怖を克服するためのヒントを得られるはずです。




おすすめの記事