サーフィン初心者が横に滑ることができるようになるには?

サーフィン初心者の方がまず壁にあたるのが、テイクオフ後に横に滑るということでしょう。

パドリング、テイクオフはトレーニングの数をこなせば、直ぐに感覚を掴み、出来るようになると思いますが、横に滑るということはなかなか難しいのです。

ここでは初心者の方のための横に滑るためのポイントについてご紹介致します。

1.波が崩れる向きを見る

波は沖からうねりとして岸に近づき崩れていきます。

横に一列に崩れる波をダンパーと呼びますが、たいていの波は右から左或いは逆に崩れていきます。

この崩れる方向をよく見る習慣をつけましょう。

初心者の方がよくやりがちなのが、波の崩れる向きを気にせず、テイクオフ後は、ただ岸の方向を見て、まっすぐに滑っていくことです。

波が崩れていく方向を気にすることで、サーフボードをどの方向に向けるべきなのかを意識するようになってきます。

また、近くに上手なサーファーがいれば、その人の動きもよく見てみましょう。

波の崩れる方向に合わせてテイクオフ、サーフボードを横に向け、目線は波の進行方向になっているはずです。

2.斜めテイクオフのおすすめ

サーフィン初心者の方が横に滑ることができるようになるためにお勧めなのが、斜めテイクオフです。




乗れそうな波が来ればパドリングを始め、テイクオフをする時にサーフボードの向きを波に対して垂直ではなく、少し斜めになるように意識してみましょう。

そうすれば、テイクオフ後は波の崩れていく方向に合わせて横に滑っていく事ができるはずです。

横に滑るという感覚を掴むには、手っ取り早く有効な手段だと思います。

しかし、「斜め」や「横」に意識しすぎると、波のパワーゾーンから外れてしまい、乗っている波から降りてしまうことがあるので、あくまで少し意識をしながら角度を考えてみることをお勧めします。

3.ボードコントロールを練習する

テイクオフ後、サーフボード両サイドのレール部分どちらかに体重をかけてみる練習をしてみましょう。

右に傾けるとサーフボードは右方向へ、左レールだと左方向へ方向転換しようとします。

このトレーニングをすることで、横に滑りながら波のトップ側へサーフボードを登らせたり、ボトム側に降りていく練習ができます。

ボードコントロールの練習は、まっすぐに滑っている時でも出来るので、その時のコンディションや技量に合わせて試してみて下さい。

サーフィン初心者の頃はテイクオフをしてまっすぐ滑るだけでも楽しいですが、横に滑るという感覚は更に楽しめることになるため、是非これらのポイントを参考にしてトレーニングしてみて欲しいと思います。




おすすめの記事