ショートボードのレイバックのやり方とコツ|趣味のサーフィン

レイバックとは波のトップでターンする時、レギュラースタンスで言えば右手と背中を海面に付けるイメージで、仰向けになりながら派手にターンをするといったテクニックです。

私が普段入るサーフポイントでも、なかなか見ることはないテクニックで、上級者向けのハイパフォーマンス的なテクニックであると感じます。

ここでは、ショートボードのレイバックのやり方とコツについてご紹介します。

1.レイバックを行うタイミングと流れ

レイバックを行うのは、リップになりかけの角度が浅い波のフェイスとなります。

角度の浅い波のエリアは幅が広いので、リッピングのようにピンポイントで狙う訳でも無いため、タイミングは合わせやすいと言えます。

レイバックは進行方向とは逆の波のフェイスに、右手と背中を倒して身体を傾けると同時にスプレーを飛ばすので、派手で格好が良いテクニックです。

サーフボードの向きを返す際、左手を上に上げることで、軸足となっている後足、右足を踏み込む形になります。

そうすることで蹴り込みに勢いが増し、スプレーも大きく飛びます。

当て込む時は、左右どちらのレールも波の面に入っておらず、後ろ足で一気に蹴り込む形になります。

後ろ足を軸足にするのですが、理由としてサーフボードを身体に引き付けておかないとならないからです。




前足に関してはサーフボードの向きを返し終わった後に加重させるイメージとなります。

サーフボードは倒した身体の下に持って来なければなりませんので、少しカットバックのようなスタイルになります。

身体を起こしてくるタイミングは、波のボトムからトップに巻きあがる力を利用して起き上がります。

この時、スピードがついていないと、身体がフェイスに沈んでしまうので注意が必要です。

2. レイバックについて

レイバックは非常に難しく、成功率がなかなか上がってこないかもしれません。

本気でマスターを考えている方は、まずはしっかりとスピードをつけるトレーニングやボードコントロールを正確に行えるようトレーニングを行うことが必要不可欠です。

ハイパフォーマンスな技なので、無理にしようとせず、私はサーフィン中に少し気分転換をするようなイメージで挑戦するくらいです。

正直、きれいに技がきまったことはありません。

レイバックをいつかメイクしたい気持ちはありますが、出来ないからといってマイナス思考になる必要は全くないと思います。

レイバックをはじめ、サーフィンには難しい技が数多くあります。

挑戦する姿勢は大事ですが、それよりも楽しく気持ちよくサーフィンをすることが大事だと私は思います。




おすすめの記事