ショートボードのオフザリップのやり方とコツ|趣味のサーフィン

オフザリップとは、ボトムターン後に波のトップへ向かっていき、波が間もなく崩れてくるポイントにサーフボードを当て込み、当て込んだ反動でサーフボードを反転させるテクニックです。

非常にやり応え、見ごたえのあるテクニックですので、是非習得を目指してトライしてみて下さい。

慣れるまでの間は、波の速さは自分が思っているより速いため、波においていかれることもあるかと思いますので、トップへの当て込みは少し早めに行う意識が必要となります。

その他、ショートボードのオフザリップのやり方とコツについてご紹介します。

1.ここでも大事なのは荷重と目線

オフザリップの導入として、事前にボトムターンを入れます。

サーフボードがボトムに向いている状態で前足に強く過重していき、身体を波側に向けながら倒し、重心を後ろ足へ移し波のトップ側へサーフボードを向けていきます。

そして、波のトップ側に向かっていく時には目線はトップに向け、前足はサーフボードを押し出すイメージです。

ボトムターンからリップに当て込む時は、体勢を低く維持してリップに当たる瞬間に前足でボードを支えつつ、後ろ足で蹴り込んでいくのですが、慣れるまでは当て込むというより、リップでボードを返すイメージが良いかと思います。




トップでターンをする前には、目線は次の波の方を見てから体勢を移動させていきます。

目線を向けると自然と次の動作に身体が移るので、目線は必ず波の先の方を見ておきましょう。

当て込んだ後、サーフボードの向きが変われば下半身に重心を移して、バランスをしっかりと保ちましょう。

2. 前足でのひきつけ

よくある事例として、トップでサーフボードが飛んでしまうのは、前足を引き付けないで後ろ足を蹴り出している場合が多いです。

波のトップでしっかりと前足過重をしないとレールが入らず、前足を引き付けたサーフボードが返っていきません。

一連の動作を頭でイメージし、基本スタイルとして身に付けば、波が小さくても十分行えるようになってきます。

腰~腹くらいのサイズであれば、波の崩れる瞬間とタイミングを合わせられなくても、後ろ足を蹴り込むことでボードを返していけます。

ただやはり、波の崩れる瞬間とタイミングを合わす方が、波に当てた後のボードの返しは波の力により、より簡単に出来ることになります。

また、サーフィンの形として綺麗にまとまりますので、ボトムターンからオフザリップまでのイメージを持った上で、一連の動作を実際に練習していきましょう。




おすすめの記事