ショートボードのプッシングスルーのやり方とコツ|趣味のサーフィン

プッシングスルーとは、ゲッティングアウトする時のテクニックの一つで、波の下へ潜り込むドルフィンスルーと違い、腕立て伏せの要領で両腕を伸ばして、身体とサーフボードの間に波のパワーをスルーさせるテクニックです。

ゲッティングアウトする上で、最も基本的であり容易にできるテクニックとなるので、やり方とコツさえ掴めば直ぐに出来るようになります。

プッシングスルーを行うことで、楽に早く沖へいけるので、体力の消耗軽減に繋がり、良い波と巡り合える可能性もグンとあがるのではないでしょうか。

ここでは、ショートボードのプッシングスルーのやり方とコツについてご紹介します。

1.プッシングスルーをするタイミング

波が向かってきたら、タイミグよく両手をサーフボードについて、腕立て伏せの体勢準備をおこないます。

波が目の前まで来た時に、腕を伸ばし、波をサーフボードと身体の間を通すようにします。

波を通している間は、バランスを崩し易いので、しっかりと腕や足でバランスを取るようにしましょう。

また、サーフボードの角度は波に対して垂直の角度で進入していきましょう。

少し波に対して曲がった角度ですと、水の抵抗、波のパワーによって岸側へサーフボードをもっていかれてしまいます。




プッシングスルー中に片足や腰を上げる事ができれば、更に波の抵抗を減らすことが出来るので、強めのスープが迫ってきた時には、取り入れて実践してみて下さい。

波が通過した後は、腕を戻してパドリング姿勢に戻ります。

2. プッシングスルーの注意点

プッシングスルーは動作的にも楽で、体力をあまり使わないので多用することになると思いますが、一つ注意点があります。

小さい波やスープの時には有効的ですが、大きな波だと逆に抵抗が大きくなって波に巻きこまれてしまうことがあります。

基準や判断が難しいですが、向かってくる波に対してプッシングスルーで波を超えるべきか、ドルフィンスルーで潜るべきなのか、自分自身で失敗も重ねながら対応力を高めていくしかありません。

いかに早く沖側へゲッティングアウトして、沖からの波に乗れるかで、初心者の方との差は大きく変わってきます。

私も初めはなかなかうまく沖へ出れずに、インサイド側ばかりでサーフィンをしていたので、沖への憧れは高まる一方でした。

しかし、プッシングスルーなどのゲッティングアウトの為のテクニックを一つずつ習得することで、沖に出る事ができた時は、非常に嬉しかったです。

インサイドの波とは比べもののならない良い波に乗る事ができ、上達にもグンと近づきますので、是非基本となるプッシングスルーを磨いて下さい。




おすすめの記事