安全でスマートなライディングの終わり方|趣味のサーフィン

波に乗ると、1秒でも長く乗っていたいという気持ちが誰にでもあると思います。

ただし、沖から乗っていた波が最後インサイドでダンパーとなることが解った場合や、乗った波が予想より掘れて来ずにダラダラのタルイ波であれば、どうでしょうか。

無理して1秒でも長く乗るよりも、無駄な体力の消耗を避け、次の良い波の為に体力を残しておきたいと考えた方が、サーフィンの上達に近づくのではないでしょうか。

では、乗っている波から安全にスマートに降りたいと思った時、どうすべきなのか。

ここでは、安全でスマートなライディングの終わり方についてご紹介します。

1.波を見極める

まずは、サーフィング中の波が、次にどういう状態でブレイクしていきそうなのか、必ず確認すると思います。

ライディングイメージと波のブレイクがあまりに違っていたり、目の前でダンパーとなり波に巻きこまれそうであれば、その波から離脱してサーフィングを途中で中断する必要も時にはあります。

その判断基準はやはり、まずは波を見分ける力を養うことから始まります。

2.サーフィング中の波から離脱する

プルアウトといって、ライディングを途中でやめるテクニックがあります。

プルアウトをするタイミングとしては、前のりをしてしまった時、ライディングライン上に他のサーファーがいた時、岩などの障害物があった時など様々です。




急きょライディングをやめなければならなくなった場合は、プルアウトは必ず必要となります。

プルアウトが確実にできるということは、ボードコントロールができるということであり、その分、他のサーファーと比べても安心感、安定感が出来てきます。

3.プルアウトの方法

ライディング中に波の裏側へ戻ることでプルアウトとなりますが、基本はボトムターンの要領と同じです。

目線を波の裏側(沖側)にし、テールに重心を写してノーズを上げサーフボードに角度を出します。

何度も練習すれば、無理なくスマートにライディングを中断することができます。

他にもアイランドプルアウトといって、大きな波の時におこなう方法もあります。

レールを保持して、ノーズから波の壁に突き刺すようなイメージでサーフボードとともに、自分自身も波に潜るテクニックです。

方法は様々ですが、重要なことは自分も周りのサーファーも怪我をしないように安全に配慮することです。

決してパフォーマンスばかり先行して、安全が二の次とならないよう注意して楽しいサーフィンライフを過ごしましょう。

又、周囲に危険だと感じるサーファーがいれば、近づかないよう防衛を図りましょう。




おすすめの記事