ショートボードのライディングの基本姿勢 | 趣味のサーフィン

サーフィンではパドリング、テイクオフなどライディングの準備段階が大事な動作となりますが、やはり肝心なのはテイクオフ後のライディングの部分です。

サーフィンを始めたいと思った方は、かっこいいライディングを夢見て始めたという方がほとんどではないでしょうか。

テイクオフ後、まっすぐに滑っていくだけでも十分楽しいですし、気持ちが良いです。

しかし、波の斜面を横にライディングし、ターンなど決める事ができれば、更に楽しく気持ちが良いに決まっています。

ここでは、ショートボードのライディングの基本姿勢についてご紹介します。

1.ライディングの基本姿勢

テイクオフ時は、重心が高い位置へ変化するので、バランスを崩し易く、安定しないとボードのスピードが弱まってしまいます。

安定させるためには、重心はなるべく低い位置から、ジワっとあげるようにしましょう。

この時に前足に体重をしっかりかけ、ボードが波に対して前へ進んでいけるようにコントロールします

逆に、前足荷重ができなければ、それだけでブレーキとなり波において行かれてしまう場合もあります。

そして、膝は柔軟に曲げ、ライディング中の体勢を安定にキープできるようにしつつ、テール側に体重をかけたり、抜いたりできるようにします。




目線は、しっかりと波の進行方向を見ておかないと、進むべき方向を見誤ったり、体重移動にも支障が出るために、注意しましょう。

両手は、バランスをとるために力をいれずに、やんわりと軽く肩幅くらいまで開き、必要に応じて上げたり、下げたりしてバランスをコントロールしましょう。

2.ライディングはイメージが大事

いざテイクオフをしてライディングが始まった時、どうライディングをしたいのかイメージを描いておかないと、うまく滑れません。

テイクオフ後は、アップスしてあの辺りでボトムまで下りて・・・など、しっかりと事前にイメージしておきましょう。

結果、イメージした通りにライディングが出来なかったとしても、何故できなかったのか、どうすれば出来るようになるのか等、毎回毎回、反省点を振り返る事が出来ます。

逆に、イメージ通りのライディングが出来た時は、何故うまくいったのか感じ取ることで、次回以降のライディングでも成功する可能性がぐんぐんあがるでしょう。

そうすることで、1本1本を大事にし、実りあるトレーニングとなるでしょう。

サーフィンは趣味でありスポーツですので、上達に向け、貪欲に練習を積み重ねていきましょう。




おすすめの記事