スープを使ったテイクオフの練習方法 | 趣味のサーフィン

テイクオフの練習に関しては、まず波をよく見て良い波を選んで行いますが、テイクオフの動作を集中的に練習したい時には、スープの波で行うことも非常に有効です。

特段良い波を選ぶ必要もないので、トレーニングできる波数が多く、テイクオフの動きを何度も何度も集中的に練習することができます。

トレーニング回数が多いということは様々なメリットもあり、私自身もスープでのテイクオフトレーニングはよく行いました。

ここでは、スープを使ったテイクオフの練習方法についてご紹介します。

1.スープで練習するメリット

まずスープでのテイクオフですが、サイズの大きい波がブレイクした後のスープを狙います。

掘れたウネリと違い、スープの勢いがあっても見かけだけでパワーがない場合があるからです。

比較的大きい波がブレイクした後のスープにはパワーがあり、テイクオフ後は再びウネリに戻り、サーフィンとして十分な練習が出来る可能性があります。

沖ではなかなかブレイクしない時でも、少しインサイド寄りに移動すれば、スープの波が数多く押し寄せるポイントがあり、スープでトレーニングの数をこなす方が有意義なこともあります。

また、スープという不安定要素の多い中でのトレーニングを積むことで、様々な状況の中でバランスをとる練習を、身体で感じながら実施できるという利点もあります。




2.スープでの練習方法の注意点

ブレイクした後の波なので、いう間でもなく不安定な状態でのテイクオフとなります。

通常のテイクオフ前と同様にパドリングを軽く行い、スープに押し出されたことを確認してからテイクオフを行います。

パドリングが弱すぎれば、スープの中でテイクオフをすることになり、テイクオフだけで終わってしまうこともあります。

また、パドリングが弱くても、スープのパワーが強く前に押し出してもらえれば、スープのウネリの前に出ることができ、次のサーフィングに繋がることもあります。

サーフィンの基本ですが、しっかりと波の前に出てしまわないとテイクオフをしても、その後滑りだすことができない点は、共通しています。

また、スープでのテイクオフ時は、多方向からのスープの圧力があるので、非常に不安定です。

通常のテイクオフ時より、サーフボードをしっかりと手で掴み、立ち上がる時は重心を低く、膝での踏ん張りが必要です。

そうしないと、スープの波に巻かれテイクオフも失敗します。

最後に、同様のトレーニングを目的としたサーファーも周囲にいるかもしれません。

スープでは、いつもより視界・コントロール性が低いことから、他のサーファーと接触しないよう周囲にもしっかり目をやる必要があります。

接触による怪我などないよう気を付けてスープでのトレーニングをしてみて下さい。




おすすめの記事