ショートボードのテールスライドのやり方とコツ  趣味のサーフィン

テールスライドとは、波のトップ部分やブレイクした部分でサーフボードのテール部分をスライドさせる非常に難しいテクニックです。

ボトムターンから波のトップにサーフボードを当て込み、次にボードのテール部分をトップに当て込みます。

当て込んだ後は、サーフボードのテール部を蹴りだし、前足荷重にして上半身をひねり、体重移動を行います。

体重移動の連続であり、かなり高度なテクニックとなるので初心者の方にはなかなか難しいかもしれません。

アップスやボトムターン、トップターンなど初歩的なテクニックをしっかりマスターしてからのチャレンジとなりますが、ショートボードのテールスライドのやり方とコツについてご紹介します。

1.ブレイクした波での練習

テールスライドの練習をするなら、まずブレイクしたスープの波に対して練習しましょう。

まず、向かってくるスープの波のトップ部分に向かってサーフボードを当て込みます。

この際、必ずサーフボードのテールを波のスープに当て込むようにします。

この時、テール側に重心を大きくかけ、レールには体重をかけないようにテールを蹴りだします。

ボードがスライドし始めたら、前足にすぐ体重移動を行います。




そして、後ろ膝を思い切り内側に倒し込み、前の手は水中へ、後ろの手は大きく振り回すようにして、身体をひねります。

ただし、スープの波に飲まれると、フィンのコントロールが利かなくなるので、スライドがしやすくなります。

そこでスライドし始めたら、前足に直ぐ体重バランスを残したまま後ろ足でテールのスライドを抑えるようにします。

スライドが止まったら再び身体を進行方向へ向けていきます。

この一連での動きの中でのポイントはある程度スピードが出ていないと、テールを蹴りだし辛い事です。

そして、蹴り出すとスライドにあわせて体重のバランスがサーフボードの上からズレ過ぎてコントロールが出来なくなるため、この2点に注意が必要です。

2.無駄な力を抜いて

テールスライドは、スピードがある中でスライドをおこし、一瞬コントロールを失うわけですから、自分のサーフボードがどこへ行ってしまうのかということをあらかじめ予測をしながら、上半身の身体の位置をサーフボードの上に載っている必要があります、

難しいテクニックではありますが、全身リラックスしておくことでテールも滑りやすくなります。

あまり力が入りすぎないように心掛けてみて下さい。




おすすめの記事