陸上でできるテイクオフのトレーニング法 | 趣味のサーフィン

海の中では、波を捕まえることに必死になり、テイクオフ時に足がもつれたり、腕があがらなかったりすることもあるので、サーフィンのテイクオフの動作は、どんな時でも瞬時に行える必要があります。

そこで、陸上でもトレーニングできるのがテイクオフの動作練習です。
陸上でできるサーフィンのテイクオフのトレーニング法を紹介します。

1. 腕立て伏せの状態から立ち上がる練習

腕立て伏せの状態から、パッと腕を伸ばすと同時に片足を前に出し、ゆっくりと立ち上がる。

このテイクオフの基本動作は陸上でもしっかりと行えます。

この時、後方から来る波もイメージしながらする方が良いでしょう。

パドリングを軽く行い、サーフボードのテール側がスっとあがるタイミングで、最後のパドリングをしてゆっくりと立ち上がる。

簡単にできる練習ではありますが、実際の波をイメージしながら行うことで、よりタイミングや動作にキレを出すことが出来ると思います。

2. 色んな地面で試してみる

家の中であれば、カーペットやフローディング、布団など様々な場所でやってみるのも良いと思います。

何故なら、波の上は常に不安定な為、バランスを取る為に繊細な体重移動が必要となるからです。

様々な床でトレーニングすることで、微妙に変わる不安定さを感じ、それらに対応する体重移動を無意識ではなく、意識的に行いましょう。




立つ時の膝の使い方や手の上げ具合など、身体の使い方が都度変わってくると思います。

3. 目線を意識する

サーフィンのテイクオフでもう一つ大事なのが目線です。
身体は、目の行く方へ基本進むように体の向きが変わります。

例えばテイクオフ後、まっすぐ前を見ていると、サーフボードはまっすぐ進みます。
しっかりとテイクオフの時点から、進みたい方に目をやる癖をつけましょう。

そうすることで、テイクオフ時の体重の掛け方や抜き方、バランスのとり方が変わってくるはずです。

レギュラー、グーフィーそれぞれやってみると意外と変化が大きいので、その変化に柔軟に対応できるように陸上でのトレーニングも是非おすすめします。

4. ビデオや鏡で客観的に動作を見る

頭の中のイメージと実際の動きとは、以外と異なっていたりします。
自分の動きを一度、ビデオカメラで撮ることをしたり、鏡の前でやってみましょう。

レッスンビデオや上手な方の身体の動きをイメージしていたとしても、実際の動きが異なっていれば、テイクオフの時点から何か正せるところがあるはずです。

海の中では限られた時間の中でのトレーニングとなります。
陸上では、自分の都合で練習がしっかりとできるので、是非陸上トレーニングを試してみて下さい。




おすすめの記事