ショートボードのアップスダウンやり方とコツ|趣味のサーフィン

パドリング、テイクオフが出来るようになれば次に横に滑っていく練習が必要となります。

アップスダウンとは、小さいターンを繰り返し、波のパワーをうまく利用してサーフボードにスピードをつけていくテクニック(通称アップス)です。

アップスは波が緩い時や波のピークに自分のポジションをもっていきたい時、早く波を抜けたい時などに行います。

サーフィンで様々なテクニックを展開するために必要不可欠となるのがスピードです。

上手にスピードがあげないと、次のステップに進めないので、サーフィンをする上で必ず習得するべきテクニックとも言えます。

ここでは、ショートボードのアップスダウンやり方とコツについてご紹介します。

1.アップスダウンのやり方とコツ

波の進行方向に視線を向けてテイクオフをした後、膝を曲げ、後ろ足の膝を内側に入れます。

後ろ足を後ろに蹴るようにレールを入れ、上半身と下半身の動きを連動させながら波のトップ方向に伸ばせます。

最初の内は、極端に言えば、軽くジャンプするようなイメージで練習するのもいいかもしれません。

波のトップに上がりすぎる前に膝を再び曲げ、レールを抜いて波のボトム側に降りる。

この細かな動作を繰り返し、スピードをあげていきます。




2.加重と抜重を意識して腕をうごかす

両腕を下から胸の高さに振り上げる動作が抜重となり、それがサーフボードにも伝わり波のトップへあがろうとします。

次に振り上げた両腕を下す動作が加重となり、サーフボードはボトム側へ降りていこうとします。

よく腕をやたら振り回してアップスをしようとする人を見かけますが、しっかりと身体の動きがサーフボードにどのような影響を与えているのか、その影響によってサーフボードがどういう動きに変わるのかをしっかり理解する必要があります。

加重、抜重をしっかりとサーフボードに伝えることが出来るのであれば、振り上げる腕は両腕である必要はなく、片腕だけでも問題ありません。

また、アップスはサーフィンをする上で必要不可欠なテクニックですが、あくまで次のアクションへの繋ぎのテクニックであることを忘れてはいけません。

波に乗ったら、次にアップスとなる訳ですが、なんでもかんでもアップスだけをすれば良いものでありませんので、注意して下さい。

サーフィンはよく波を見て、波のパワーをうまく捉えながら、ボトムやトップでアクションを行うものです。

アップスではスピードがつき爽快感がありますが、目指すところは次のテクニックだということを忘れずにトレーニングを行ってください。




おすすめの記事