卓球に必要な体力を上げるためのトレーニング | 趣味の卓球

卓球には、卓球に必要な体力を上げるためのトレーニングが必要です。

子供からお年寄りまで、誰でも気軽にできる卓球ですが、上達しようと思うのでしたら、卓球に必要な体力を上げるためのトレーニングはしたほうがいいでしょう。

一流選手も、スポーツジムなどで体を鍛えているのを、テレビで目にします。

狭い台に入ればいいので、力がなくても、相手コートに入れることは可能ですが、フットワークを強化しなければ、ボールに追いついて、適切な場所でスイングができなかったり、決定打となるようなボールには、パワーが必要とされます。

ボールにパワーを伝えるには、足腰から体幹に伝わり、腕に伝わります。

つまり、全部なのですが、やりすぎずに適度でいいと思います。

特に、自宅でのトレーニングは、やり方を知っているようでも、自己流になっていることもありますので、けがをしないように適度にしましょう。

[br num=”1”]

1.ストレッチ

卓球に必要な体力を上げるためのトレーニングも大切ですが、運動の前はストレッチを十分にしましょう。

特に、卓球は前傾姿勢なので、アキレス腱を縮めていることが多いため、アキレス腱が固くなりがちです。

アキレス腱をよくストレッチします。

そのほか、首、肩、腕、手首など、体全体をストレッチします。

卓球のような、瞬発力を必要とするスポーツは、急な動きをするために、思わぬけがをすることもあります。

十分なストレッチで、けがを防ぎましょう。

[br num=”1”]

2.足腰を鍛える

パワーがあるボールを打つためには、足腰を鍛えます。

足腰から、体幹、腕へと力は伝わります。

弱い足腰では、力を伝えることはできません。

スクワットや、ふくらはぎを鍛えるカーフレイズなどを行います。

カーフレイズはかかとの上げ下げです。

スクワットはやり方を間違えている人が多くいます。

腰を落す時に、自分から見て、膝が爪先より出ないようにしましょう。

お尻を後ろに突き出すような感じです。

太ももに力が入ります。

[br num=”1”]

3.体幹を鍛える

どんなスポーツでも、強い体幹が必要です。

強い体幹は、フォームを安定させ、力強いボールを打つために必要です。




体幹とは、肩から腰回りまでの胴体部分で、胸部、腹部、腰部、背部などです。

四つん這いになり、片手を床と平行にあげ、反対側の足を上げてキープします。

その反対側もやりましょう。

そのほか、腹筋や背筋なども鍛えます。

[br num=”1”]

4.腕を鍛える

力強いボールを打つためには腕力も必要です。

腕を鍛えるのは、腕立て伏せなどが、代表的です。

しかし、腕力だけに頼った打ち方は、ただの手打ちです。

[br num=”1”]

5.手首を強く、柔らかく

卓球では、フリック、チキータ、サーブ、ドライブなど、ボールに回転をかけます。

手首を強く、柔らかくしておきましょう。

手首の鍛え方は、お風呂の中で、水の抵抗を利用して動かしたり、ダンベルを使ったりする方法がありますが、負荷のかけすぎは、手首を痛めますので、無理のない程度にしましょう。

手首を強く鍛えておくのもいいのですが、柔軟性が大事だと思います。

手をブラブラ振るような運動をしましょう。

サーブなどで強い回転をかけるとき、手首を大きく速く振るといいと思うのですが、ここで試していただきたいことがあります。

手をギュっと握って振ってみるのと、手の力を抜いて振ってみる違いを感じてください。

手を大きく速く振れるのは、手の力を抜いて振ったときです。

グリップの握り方の強さであったり、腕や、手首に余計な力が入っていたりすると手首は柔らかく振れません。

手首は強く鍛えて、柔らかく使えるようにしましょう。

[br num=”1”]

6.瞬発力と、持久力

卓球には、瞬発力と、持久力が必要です。

反復横跳びはその両方を鍛えることができるでしょう。

そのほか、ランニングやダッシュなどを取り入れているチームもあります。

卓球に必要な体力を上げるためのトレーニングをいくつか紹介しましたが、トレーニングは、やればやるほどいいというわけではありません。

特に子供は成長途中なので、無理なトレーニングは弊害があります。

また、年配者、体力がない人にも注意が必要で、その人の体力に合ったトレーニングにしましょう。

そのため、ここでは、回数や負荷の数字は入れませんでした。

それぞれに合った、トレーニングを取り入れて、卓球に必要な体力をつけましょう。




おすすめの記事