失敗しないラバーの貼り替え方 | 趣味の卓球

卓球のラケットには、ラバーが貼ってあります。

卓球のラバーは消耗品ですので、ラバーが劣化したら、貼り替えなければなりません。

遊びで卓球をするときに、備え付けのラケットで卓球をやった経験はありませんか?

使い古されて、ツルツルに光ったラバーでは、卓球経験者は、普段通りの卓球などできませんよね。

卓球をやっている人は、ラバーは、劣化したらすぐに貼り替えます。

劣化したラバーでは、強い回転をかけることができないからです。

卓球のラバーを貼り替えるのは、初心者でしたら、ラバーを買ったお店でも、お願いすれば貼ってもらうことも可能です。

しかし、中級者や上級者は自分で貼る人がほとんどです。

ここでは、卓球のラバーの貼り替え方を説明します。

接着剤を使う方法と、シート状のものを貼る方法があります。

1.接着剤で貼る

卓球のラケットに、接着剤でラバーを貼る方法です。

ラケットに貼る前に、ラケットに接着剤が残っている場合は、きれいに取り除いておきましょう。

1.用意するもの

接着剤で貼る場合に用意するものは、ラケット、新しいラバー、専用の接着剤、専用のスポンジ、はさみです。

ローラーなど、あれば便利です。

接着剤は必ず専用のものを使いましょう。

すべて、卓球専門店で揃います。

2.接着剤をラバーにつける

専用の接着剤をラバーにつけます。




接着剤を適量、ラバーにつけて、専用のスポンジで伸ばします。

3.接着剤をラケットにつける

専用の接着剤をラケットにもつけます。

専用のスポンジで伸ばします。

4.貼る

どちらも完全に乾くまで待ちます。

ラケットとラバーを貼り合わせ、手のひらで強く押し付けます。

ローラーがあれば、ローラーを転がして押し付けます。

ラバーを傷つけないようにしましょう。

5.はさみで切る

ラケットからはみ出したラバーを、ラケットに合わせて切ります。

2.シートで貼る

接着剤のほか、シート状のものもあります。

1.用意するもの

用意するものは、ラケット、新しいラバー、シート、ヘラまたは定規のような平らなもの、はさみです。

ローラーもあると便利です。

2.ラケットにシートを貼る

ラケットに、シートを貼ります。

空気が入らないように、ゆっくり貼りましょう。

定規がヘラのような平らなもので、表面をなでて、空気を押し出します。

3.シートを切る

ラケットに合わせてシートを切ります。

4.ラバーを貼る

ラケットのグリップ側からラバーを貼ります。

手のひらか、ローラーを使ってしっかり貼りましょう。

5.ラバーを切る

ラケットに合わせて、ラバーを切ります。

卓球のラバーの貼り替え方の説明をしました。

卓球のラバーが劣化したら、自分で貼り替えてみましょう。




おすすめの記事