切り返しの練習 | 趣味の卓球

卓球を始めて、フォアハンドとバックハンドができるようになり、ある程度ラリーができるようになってきたら、切り返しの練習をしましょう。

卓球の切り返しとは、フォアハンドからバックハンドへ、また逆に、バックハンドからフォアハンドへと、ラケットを切返して使い分けることです。

シェークハンドの場合は、ラケットのフォア面とバック面は違うので、手のひら側でフォアハンドを打ち、手の甲側でバックハンドを打ちますが、ペンホルダーの場合はラバーの同じ面を使うので、バック側は腕をひねってラケットを半回転させることになります。

どちらも、この切り返しをスムーズにできないと、いろいろなコースに来るボールに対応できません。

1.基本的な切り返し練習

卓球の基本的な切り返しの練習をしましょう。

基本的な切り返しの練習方法は、一人ずつ交代で行いますが、初心者の場合は初心者どうしではなく、初めのうちは中級者以上の卓球経験者に打ってもらいましょう。

まずは、卓球台の真ん中あたりに立ち、基本姿勢をつくります。

相手からフォア側とバック側に交互にボー打ってもらいます。

初めはフォアとバック5本ずつとか、2本ずつというやり方でもかまいません。

慣れてきたら、フォア1本バック1本の切り返しを練習します。

練習相手は「フォア」、「バック」と声を出しながら打ってあげると初心者はタイミングがとりやすくなるでしょう。

まったく動かずにフォアとバックの切り返しをするつもりでやるのではなく、いつでも動けるような体勢で打ちます。

卓球台のバック側だけを使って、切り返しの練習をしてもよいでしょう。

2.ドライブの切り返し

ドライブマンを目指すなら、ドライブの切り返しを練習しましょう。

ドライブをかける場合は卓球台から少し離れたところになります。

ドライブをかけるにはボールの打点が低く、バウンドしてから頂点ではなく、落ちてきたところで擦り
上げるように打つために、卓球台からは少し離れます。

卓球台から離れるということは、動かなければならない範囲も広くなるということです。

相手の人からは、長めのボールを打ってもらいます。




卓球台の上で、2バウンドしてしまうような短いボールでは、練習になりません。

フォアハンド、バックハンド交互に打つ練習をします。

ドライブマンの練習相手にはカットマンか、または中級者以上にお願いしましょう。

ドライブマンの返すボールは、強いトップスピンがかかっているため、バウンドが低く、バウンドしてから伸びますので、ある程度の卓球経験者でなければ難しいと思います。

3.カット、ツッツキの切り返し

カットマンなら卓球台の後ろに下がって、フォアとバックのカットの切り返し、攻撃タイプは卓球台の近くでのツッツキの切り返しをします。

攻撃タイプは、後ろに下がってカットをすることはほとんどありません。

攻撃タイプは試合では、いつまでもツッツキばかりをやっているわけにはいきませんが、打ち込むチャンスがなければツッツキで返さなければならないこともあります。

カットマンもツッツキでの切り返しは必要です。

カットマンの練習相手にはドライブをかけることができる人が必要です。

ドライブマンとなら、お互い、いい練習相手になるでしょう。

ここで紹介した練習方法は、ボールが返ってくる場所がわかっている場合の練習方法です。

卓球台の全面を使って、不規則に打ってもらうことも切り返しのいい練習になりますが、それはランダム練習のやり方の記事で紹介しています。

今回の切り返しの練習方法では、規則的にバックハンドとフォアハンドの切り返しを行い、リズムよく打つことで、切り返しに慣れていただくための方法を紹介しました。

切り返しに限らず、どのラリーもリズムよく打つことは、ボールを打つタイミングをつかむのに役立ちます。

初心者にとっては、技術は別として、ボールを打つタイミングが難しいようです。

いろいろな練習を繰り返しすることでリズムを知り、自然にタイミングがわかってくるのだと思います。

フォア、バックや、1、2など声をかけてあげるのは、初心者がタイミングをとりやすくするための工夫です。

卓球の切り返しの練習をして、フォアハンドとバックハンドを、素早く使い分けられるようにしましょう。




おすすめの記事