ランダム練習のやり方 | 趣味の卓球

フォアハンドラリー、バックハンドラリー、切り返し、フットワークなどを覚えたら、次はランダム練習のやり方を説明します。

卓球のランダム練習とは、全面を使って場所を決めずに、不規則にラリーをします。

ここでは、いろいろな技術を使って全面で練習をするオールラウンドとは、分けて説明しています。

初心者のための説明なので、一つの打ち方で全面を使うことに絞った練習方法として説明しています。

[br num=”1”]

1.攻撃型のランダム練習

卓球の攻撃型の、基本的なランダム練習の方法を紹介します。

フォアハンド、バックドラリーができるようになり、正しいフットワークを使えるようになったら、片面のクロスだけの練習ではなく、全面を使って練習します。

片面だけで同じ打ち方を続けるラリーはうまくできても、状況が変わるとうまくできないということになってきます。

そのための練習方法です。

練習相手は、やはり攻撃型どうしがいいと思います。

卓球台全面を使い、サーブから始め、どちらへでもお互い不規則に打ち、ラリーをします。

フォアとバックの切り返しであったり、狙ったコースに入れることであったり、フットワークを使うことであったりと、いろいろな要素が含まれた練習になります。

ただ、初心者の場合には、カットやドライブなどの技術を入れてしまうとラリーがすぐに終わってしまい、この練習の意味がなくなってしまうので、一種類の打ち方で練習しましょう。

回転を使ったボールや、いろいろな打ち方で全面を使った練習は、オールラウンド練習で紹介します。

ここでは基本的な技術の確認と、体がボールに反応してすぐに動けるようにするための練習です。

ボールを正しく打つために、フットワークを使って移動できているか、また、フォアハンドとバックハンドの切り返しはうまくできているかを確認しながら練習します。

どこにボールが来ても返せるように、時には飛びつきという技術も使わなければなりませんが、基本を組み合わせた練習になっています。

一か所で同じように打つ練習方法とは違って、いろいろな要素が入っているため、難しくはなりますが、自分は何が苦手なのかを知るきっかけにもなります。

[br num=”1”]


2.カットマンのランダム練習

カットマンのランダム練習の練習相手には、ドライブを打てる人が必要です。

ドライブマンがいれば、ドライブマンに練習相手になってもらいましょう。

お互いに、いい練習相手になります。

ドライブマンには、前後左右に動かしてもらいます。

ドライブマンは、どこに打てば相手が打ちにくいかを考えながら、ドライブと短いツッツキを使い分けます。

今回のこのランダム練習では、主に技術ではなく「動き」を意識した練習方法にしました。

フットワークの応用とも言えます。

どちらの練習方法も、自分の欠点が見えてくるかもしれません。

うまくできないのは、自分の欠点を知ることなので、自分自身をよく分析しましょう。

それぞれの練習は焦点を絞った練習方法です。

上達の途中、壁に当たったら戻るところは基本になります。

切り返しがうまくいかないのなら、もう一度切り返しの基本練習をしましょう。

ボールに追いつかないなら、基本のフットワーク練習または、飛びつき練習をします。

ベタ足になっていないか確認します。

ベタ足になっていると、かかとからつま先側に体重移動するまでの時間がロスになって、一瞬遅れている場合もあります。

何が悪いのかわからないけれどミスをする時は、基本姿勢に戻り、前傾姿勢になっているか、きちんとラケットが振れているかなどを確認します。

前傾姿勢を忘れて状態が起き上がっていると、ボールの最高点を上から見下ろすことになり、ネットにひかかるということがあります。

オーバーしてしまう場合は、ラケットの向きであったり、ラケットの振り方の問題かもしれません。
もう一度、素振りで確認しましょう。

ミスをした時は自分で何が悪いのか、考える癖をつけましょう。

基本に戻ってみることも大事です。

新しい技術を覚えていくうち、基本がしっかりとできていないと、どこかでつまづいてしまいます。

手先だけでごまかして、できた気になって次に進むのか、きちんと基本を身につけて積み重ねていくのかで、先に行くほど大きな差がでてきます。

ここで紹介した卓球の、基本的なランダム練習は、初心者が自分の欠点を見つける、まず1つめのチェックポイントです。

考えながら練習してみましょう。




おすすめの記事