バックトスの打ち方とコツ|趣味のバレーボール

バックトスはバレーボールのプレーにおいて難しい技術ではありますが、成功させることができればとても格好いいプレーですよね。

バックトスを成功させることで相手チームにフェイントをかけることも可能となります。

1.バックトスってどうやれば打てる?

バレーボールのプレーにおけるバックトスというトスは、レフトにいるアタッカーではなく、トスを後ろ側、つまりレフトの方を向いたままライト側にトスを上げることで、ライトにいるプレーヤーにアタックを打たせることができる技術、トスになります。

バックトスってすごく格好いいですし、憧れますよね。

でもなかなかうまくバックトスを上げられなくて悩んでいるセッターの方もいらっしゃることでしょう。

バックトスはどうやって行えばよいのでしょうか。

バックトスは通常のオープントスと同じような姿勢から行います。

そしてレシーブされたボールをとらえて受けて、そしてトスを上げる時にだけ少し体をバック方向にそらせてライト側の方向に向かってトスを上げるのです。

手首を後ろ側に反して親指に力を入れてトスを上げることによって、バレーボールが後ろ側、ライト側に押し出される形になります。

またこの時アタッカーとの距離感をしっかりつかんでおかなければいけません。




ライトにいるアタッカーとなるプレーヤーがアタックを打ちやすいような場所に対してバックトスを上げる必要があるからです。

2.バックトスのコツ

バックトスをうまく成功させるためのコツについて紹介します。

どうやったらきれいにバックトスを成功させることができるのでしょうか。

コツとしては、相手チームのプレーヤーに対してバックトスを上げる、ライトのプレーヤーに打たせるということを悟られないようにすることです。

バレーボールをプレーしているとフェイントをかけてだますことで得点を得ることができるケースが多いです。

なので相手チームにオープントスを上げてレフトが打ってくると見せかけて、バックトスでライトにトスを上げてライトが打つというフェイントをかけることが重要です。

なのでレシーブでセッターに帰ったボールを明らかにバックトスをするだろうというような体制、後ろに反り返った体制からトスを上げてはバレバレです。

なのでレフトにオープントスを上げるような姿勢のまま、ボールを押し出す際にだけ少し体をそらして、手首と親指でうまく後ろ側にトスを上げるようにすることがコツです。

またライトのプレーヤーが見えていない状態でバックトスはトスを上げることになりますから、正確なトスを上げるには練習が必要です。




おすすめの記事