ツーアタックの打ち方とコツ | 趣味のバレーボール

相手が来ないと思っているときに相手チームのコートに攻撃を仕掛けることができる技術であるツーアタックがあります。

ツーアタックはフェイントをかけて攻撃することができるので、相手の意表を突くような攻撃ができるんですね。

1.ツーアタックとは何か

ツーアタックはバレーボールのプレーにおける技術の一つです。

基本的にセッターが行います。

通常ではレシーブ、トス、アタックといった3回ボールに触れて相手コートに返すという攻撃方法をとります。

ですがツーアタックでは2回ボールに触れて相手コートにボールを返します。

セッターがアタッカーに対してトスを上げると見せかけて、セッターが攻撃することを指します。

この攻撃方法はセッターが前衛にいる時にしか行うことはできませんが、効果的な攻撃方法となります。

2.ツーアタックのやり方

バレーボールのプレー中にうまくツーアタックで点をとることができるようにするためにも、練習は必要です。

トスを上げると見せかけて、セッターがフェイント攻撃をしかけるツーアタックでは相手の意表をつけますし、高確率で点をとることができるでしょう。

ツーアタックのやり方ですが、ボールに触れるまではトスを上げる時の手の形をしながらジャンプをします。




そしてボールをとらえる時に、ネットから離れている方の手で相手チームのコートの方に、手首のクイックでアタック、攻撃を決めます。

3.ツーアタックのコツ

うまくツーアタックを成功させるにはコツがいります。

バレーボールをプレーしている際に、相手チームにツーアタックで攻撃されるということを悟られないようにすることが効果的です。

ですのでトスをするかのように見せかけて、攻撃をしましょう。

またツーアタックをする際には、ブロックに注意しましょう。

セッターの上げたボールに対してブロックしようとされたら、親指を少し突き出して、バックトスのような形で相手チームのコートに落とすという攻撃が非常に効果的です。

相手のブロックをうまく避けて攻撃することができます。

4.ツーアタックの時のアタッカー

ツーアタックをするときに動くのはセッターだけではありません。

バレーボールのプレー中にフェイントをかけようと思っても、アタッカーは本気で打つつもりで跳ばなければ、セッターがフェイントをかける、ツーアタックを仕掛けてくるということがばればれになります。

なのでアタッカーもセッターからトスが飛んでくることを想定して常に飛ぶべきです。

そうすることで、どこからボールが来るかわからず、得点を取りに行くことができるのです。




おすすめの記事