ジャンプサーブの打ち方とコツ | 趣味のバレーボール

バレーボールのサーブといえば、ジャンプサーブを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ジャンプサーブを成功させることによって、得点を得る確率が非常に高くなっています。

華がありますし、見た目も格好いいんですね。

1.ジャンプサーブはどうやって打つの?>

バレーボールにおいてジャンプサーブを見ているといとも簡単そうに、強烈なサーブを決めていたりしますよね。

ですがやってみるとなかなか難しいんです。

特に初心者で大人になってから趣味でバレーボールを始めたという方は、なかなか習得するのが難しいです。

ですので最初は確実に相手チームのコートに入れることができるサーブを打っておいて、徐々に練習していきましょう。

基本的なジャンプサーブの打ち方ですが、自分でトスを上げて、助走、そしてジャンプをします。

そして振り上げている腕を下してサーブを打ちます。

手首のスナップでサーブを打つ感じですね。

そしてそのまま両足で着地して、次のレシーブをする体制に入ります。

ジャンプサーブを打ったら終わりではありません。

次にボールがコートに返ってきたことまで考えて動く必要があります。

2.ジャンプサーブのコツ

うまくジャンプサーブを打つにはコツがいります。

コツをつかんで行えばよりきれいに、うまくジャンプサーブを決めることができるでしょう。




バレーボールを始めたばかりの方でも、コツをつかんで練習すれば必ずうまくなります。

コツとしては、トスを上げる時にドライブ回転をかけながら上げるということです。

前に回転をかけるんですね。

そしてトスを上げたボールから目を離さないようにします。

そして助走をつけます。

この時バックスイングを行うのですが、腕のバックスイングを大きくするということがポイントとなります。

ジャンプをするときに大きく腕を振り上げます。

両手を上げてジャンプをすることで空中でしっかりバランスをとることができます。

まやジャンプの踏切りの際に両足を前後に開きます。

この時の前後に開いた時の足の幅を気持ち広めにとることによって、ジャンプが前に行きます。

そしてそれだけでなくボールに対しても前に行くという力を加えることができます。

よって前に跳ぶ、勢いのあるジャンプサーブを打つことができます。

そしてサーブを打つ時ですが、手首のスナップを使用するということがコツです。

思いっきり手首のスナップをきかせて、ボールをたたくと強く刺すようなサーブが打てることでしょう。

3.ジャンプサーブはタイミングが大事

バレーボールにてジャンプサーブを行う際には、ボールを打つ時のタイミングが非常に重要です。

うまくタイミングをとるには、トスを高く上げることです。




おすすめの記事