ジャンプサーブのレシーブのコツ |趣味のバレーボール

バレーボールにおいて攻撃力の高いサーブであるジャンプサーブが来たら、サーブカットをするためにもしっかりレシーブをしなければいけません。

レシーブでジャンプサーブのバレーボールを受けるためのコツなどを紹介していきます。

1.ジャンプサーブレシーブで大切なこと

相手チームからのサーブが放たれたらしっかりとレシーブをして、サーブカットをすることが大切です。

その際にジャンプサーブが打たれた場合ですが、ジャンプサーブは非常に勢いの強いサーブとなります。

そしてまた勢いが強いだけでなく、かなり回転が強くかかっている状態のバレーボールが飛んでくることとなります。

ですのでサーブカットでレシーブの受け方が非常に重要になってくるんですね。

強い回転の勢いのあるサーブボールなので、レシーブで受けることによってしっかりと勢いを殺さなければいけません。

勢いとボールにかかっている回転を殺すことによって、丁寧なレシーブをすることができます。

しっかり回転を殺してセッターに返すことで、セッターもトスがあげやすくなるのです。

ですのでボールを活かしてチャンスにつなげることができます。

ですのでジャンプサーブレシーブを行う際には、回転や勢いを殺すということをポイントとして押さえておきましょう。




2.ジャンプサーブレシーブで回転を殺すコツ

ジャンプサーブレシーブは勢いや回転を殺すことが大切だということを記載しましたが、ではどうやったらうまく回転を殺すことができるのでしょうか。

それはレシーブをする瞬間が大切です。

レシーブでボールを受ける瞬間に、腕を素早く後ろの方に引き込むようにして体全体で勢いを吸収します。

ボールを引き込みながら、腕をすっと引きます。

そうすることで勢いのある回転がしっかりかかったボールでも回転や勢いを殺すことができます。

また腕だけひけばいいというわけではありません。

腕だけでなく体全体も後ろのほうにすっとひくように移動させるとよいでしょう。

勢いや回転をひいて受け止める感じですね。

スピードのあるボールですので、そうすることによって自然と上がってくれます。

またあまりにもスピードがあって追いつけないという場合には、上にあげるということもポイントです。

上に高く上げることによって、ボールの勢いが少し軽減されます。

そしてまたボールが上がっている間に、次のセッターがボールの落下地点に回り込むことができ、うまく次につなげることができます。

その時々での瞬時の判断が必要となります。

レシーブを受ける時に、何より注目してほしいのが、勢いや回転を殺すということなんですね。




おすすめの記事