バレーボールで疲労を残さないためのマッサージのやり方

スポーツなどのプレーをしたらどうしても疲労は感じてしまうことでしょう。

ですがその蓄積した疲労を次の日にまで残してしまわないように、プレーを終えた後にはマッサージをすることをお勧めします。

1.マッサージを行うことの目的

スポーツをした後にマッサージをすることで疲労を残さないというメリットを得ることができます。

どうしてもたくさん動いた後には体に疲労が蓄積されてしまうものです。

疲労の蓄積によって、次の日疲れが取れていない、前日動きすぎたために思いっきり力を出すことができない、練習で疲れ切ってしまい次の日の試合に力を温存しておくことができなかった、なんて失敗をしてしまいがちです。

また主婦の方が新しく趣味としてバレーボールを始めた場合、毎日の生活やお仕事などもあるかと思いますから、支障をきたさないためにもできるだけ疲労を残さないようにする必要があります。

スポーツを終えた後にしっかりと正しい方法でマッサージをしてあげることによって疲れをとってあげることができます。

マッサージをする目的としては疲れをとるということもあげられますが、筋肉の回復を早めるという効果もあるんですね。

また心と体のリラックスにもつながります。

そしてまた体の柔軟性を出すこともできます。




体の柔軟性を高めることによって身体の可動域を広げることができるのです。

2.バレーボールで負担のかかる部位

ではバレーボールのプレーを終えた後に疲労を回復させる目的で行うマッサージをする部位としてはどの部位がよいのでしょうか。

全身に対してマッサージは行うべきですが、特に念入りにマッサージを行うべき部位もあります。

バレーボールでは特にジャンプをすることが多いです。

ポジションにもよりますが、アタッカーやブロッカーは特にジャンプを多くすることかと思います。

それによりひざにより多くの負担がかかってしまいます。

ひざや太ももに大きな負担がかかっています。

またレシーブをするときなどには腰にも負担がかかります。

ひざや腰に負担がかかり疲れがたまってしまいます。

ですので下半身を中心としたマッサージが必要となります。

またアタッカーなどは肩回りも非常に酷使することかと思います。

レシーブやトスをする際にも腕や肩を使うので、肩や腕、手などもしっかりとマッサージをしておくことが大切でしょう。

3.マッサージのやり方

特に疲労回復を目的としたマッサージでは、強擦法、揉捏法、叩打法、圧迫法といった方法があります。

それぞれ状況によって使い分けてマッサージを行う必要があります。




おすすめの記事