バレーボールで怪我を予防するためのストレッチのやり方

何かスポーツをするとなると怪我をする可能性も大いに出てきます。

怪我をしないように予防することができるための方法としてストレッチがあげられます。

バレーボールも同じです。

1.怪我を防ぐにはストレッチが重要

バレーボールをプレーするにおいて楽しくプレーをするためにもけがをしないように注意する必要があります。

特に新しく趣味としてバレーボールを始めたばかりの初心者の方は、なかなかうまくプレーすることができず、体の使い方にも慣れていないためにけがをしてしまうケースも多いです。

ですのでケガを防ぐためにもバレーボールを始める前に、必ずストレッチをして体をほぐしておくことが大切なのです。

バレーボールの練習を開始する前には必ずストレッチをする時間を作るようにしましょう。

バレーボールをする前には必ず予防としてのストレッチが必要なのです。

楽しくプレーできるように、必ずストレッチをすることは守りましょう。

2.ストレッチの方法

特にバレーボールをされる場合には、肩やひざを使うことが多いです。

ですのでプレー中の酷使によって痛めてしまうことが多い箇所にもなるんですね。

ですのでもちろん全身のストレッチをすることは大切ですが、必ず特に肩やひざ、また腕など良く頻繁に使う部位のストレッチは念入りに行っておくようにしてください。




また肩甲骨周りもしっかりと柔軟にしておくことが大切です。

ですのでストレッチ効果を高めるためにも肩甲骨の体操もしっかり行っておくようにしましょう。

肩甲骨を動かしておくことで血行もよくなります。

肩周りのストレッチとしては僧帽筋のストレッチを積極的に行いましょう。

そしてアタッカーなどでジャンプを良くされる方は入念に大腿四頭筋のストレッチをしておくことでひざを痛めてしまう可能性を低くすることができます。

ジャンプをするときにはひざの屈伸を使ってバネにして、高く跳ぶことになります。

そこでよく使う部位である大腿四頭筋のストレッチを行っておくことが大切なのです。

3.怪我によってバレーボールがプレーできなくなる前に

怪我をしてしまうと怪我が治るまでバレーボールがプレーできなくなってしまいます。

また生活に支障をきたしてしまうことでしょう。

怪我をしてしまう、痛めてしまうことの原因はストレッチ不足にあります。

それからまた体の使い方が間違っているということなどもあげられます。

事前に十分にストレッチをして、正しい体の使い方でプレーすることで怪我をすることなく楽しんでバレーボールを行うことができます。

ストレッチをすることでより体も動かしやすくなること間違いなしです。




おすすめの記事