ドライブサーブのやり方とコツ|趣味のバレーボール

バレーボールを趣味で始めるにしてもやっぱり格好いいサーブが打てればいいですよね。

回転や勢いのあるサーブを打つことで得点につなげることもできます。

特に回転のかかったレシーブしにくいサーブとしてドライブサーブがあります。

1.ドライブサーブとは

サーブにも様々な種類があり、その中にドライブサーブというサーブがあるのですが、ドライブサーブとはまずいったいどういったサーブなのでしょうか。

ドライブサーブは強いドライブ回転のついたサーブになります。

ドライブ回転というのは前回転のことです。

ドライブ回転が非常に強いとボールの落下が早くなります。

ですのでしっかりドライブ回転をかければコート外にサーブが落ちるアウトになる確率は低いです。

レシーブする相手チーム側に非常に取らせにくいボールとなってくれることでしょう。

2.ドライブサーブを打つには

ドライブ回転をかけるサーブがドライブサーブということですが、バレーボールでドライブサーブを打つにはなかなか難しいものなんですね。

頭では理解していてもなかなか実践してみると難しかったりします。

やり方とコツを把握しておいてしっかり練習することがポイントですね。




そんなドライブサーブのやり方としては、バレーボールをミートする際にしっかりと手首のスナップを利かせるということがポイントなんですね。

手首のスナップがドライブ回転をかける重要なポイントになります。

強めのボールを打ってもドライブ回転がしっかりかかれば先に落ちてくれますから、アウトになりにくいんです。

ですのでバレーボールのコートのラインぎりぎりに落とすことができるようなドライブサーブが一番魅力的なサーブになります。

3.何よりドライブ回転が重要

ドライブサーブを打つにあたって、単に勢いよく力強く打ってもそれはドライブサーブにはなりません。

先ほども記載しましたように、スナップをきかせてドライブ回転をかけることが大切です。

ドライブ回転のかけ方、どれぐらい回転をかけるか、そしてどれぐらいの力強さで打つかという兼ね合いが大切になります。

コートのアウトラインぎりぎりのところにバレーボールを落とすことができるように、何度もドライブサーブを練習することが大切です。

打つ時の角度も重要です。

どの角度で打てば一番いいところにサーブを落とすことができるのか、人それぞれ違いますから、しっかり自分自身のサーブを研究することが大切です。

特に初心者でバレーを始めたという方は練習することによってどんどんとうまくなっていきますから練習が大切なのです。




おすすめの記事