スパイクの打ち方とコツ | 趣味のバレーボール

バレーボールにおいて攻撃のポイントはスパイクです。

点をとるためにもスパイクを決めることは非常に重要です。

新しく趣味としてバレーボールを始めた方はスパイクをする姿にあこがれて始めたという方も多いかもしれません。

1.スパイクの基本について

バレーボールを行うにあたって、スパイクは攻撃のかなめになります。

相手チームのコートに向かって勢いよくスパイクを放ちます。

相手がうまくレシーブが取れずに流れが崩れたり、ボールをコートに落とさせるのです。

見た目も格好いい技ですし、一番得点をとるのにつなげることができる技になります。

プレーとしても非常に華やかで、バレーボールのプレーを見ていてもスパイクで盛り上がったりもします。

基本的なスパイクのやり方として、まずステップがあります。

足でステップを踏み、そして飛んで腕を振り上げます。

そしてトスで上がったボールをしっかりととらえてスパイクを打つのです。

その際、ボールをとらえるポイントも重要です。

これらのスパイクの基本を1つ1つ見ていきましょう。

1.スパイクの助走とステップ

まず助走とステップについてです。

スパイクを打つためには助走をつけて高く跳ぶ必要があります。

助走と、そしてステップの形が基本になります。

この際の助走については、基本的には3歩助走が理想的でしょう。




右でスパイクを打つ場合には、左→右→左の順番に助走をつけます。

またトスされたボールを打つまで少し距離がある場合には、5歩助走もよいでしょう。

この助走とステップのみの練習をするのもよいです。

そうすることで自然と上手に助走とステップが踏めるようになります。

2.スパイクの際ジャンプして腕を振り上げる

上手に助走とステップができるようになったら、次はジャンプです。

そして単にジャンプをするだけではありません。

同時に腕を思いっきり振り上げてください。

そして腕を振り下ろす際にボールをしっかりとらえてスパイクを打つということになります。

この際の腕の振り上げ方も重要で大切なんですね。

思いっきり腕を振り上げることによって、より高くジャンプすることができるようになるのです。

練習の際にはタオルを持って、そのタオルを振り上げて振り下ろすという練習をするとよいでしょう。

また全身鏡の前で自分のフォームを確認しながら練習すると欠点に気づきやすいです。

2.スパイクのうまい打ち方は?

スパイクが打てるようになったとしても、やっぱりうまい打ち方で打つことがより得点を得られるポイントになります。

うまい打ち方としては高い打点でボールをとらえるようにすることです。

そうすることでより勢いのあるスパイクが打てます。




おすすめの記事