スパイクの空中姿勢について | 趣味のバレーボール

スパイクって打つ時とても格好いいんですよね。

とてもプレーに華があります。

うまくスパイクが打てるようになるためにも、姿勢が重要になります。

きれいな姿勢にてスパイクを打つことで、より勢いのあるスパイクが打てるでしょう。

1.スパイクの際の空中姿勢

スパイクを打つには助走をつけてジャンプをし、空中でトスされたボールをとらえて振り上げた腕を思いっきり振り下ろし、相手チームのコートにボールを叩き落すという方法で打つことになります。

空中でボールをとらえるということですが、この際の空中に滞在しているときの姿勢が非常に重要となります。

もちろん他の助走やジャンプをする際の姿勢なども非常に重要ではあります。

ですが空中で姿勢が崩れてしまってはうまくスパイクを打つことはできません。

ですので正しい姿勢でボールを打つことが大切です。

空中姿勢では体の軸をしっかり持つことが大切です。

思いっきり腕を振り上げた時から振り下ろすことが大切です。

ボールを高い打点でとらえるようにするためにも、腕を振り上げてから降ろす際の姿勢に気を付けてみましょう。

助走→ジャンプ→腕の振り上げ→腕の振り下ろし→着地といった流れを全身鏡を見ながら行ってみるとよいです。

またスパイクを打つ手にタオルをもって動作を行うことによって、自分が腕の振りおろしなどがどうなっているのか、よく知ることができます。




2.スパイクの姿勢は体幹を鍛えることが大事

スパイクを打つ際の空中姿勢ですが、ボールをとらえる時に一度、空中で少し滞在する、少しとまるということが重要になります。

なかなか難しいのですが、空中で滞在することを意識して打つようにしてください。

スパイクでの空中姿勢は非常に大切です。

ですが、スパイクを打つ時にただ単に姿勢が良いというだけではだめなんですね。

もちろん正しくてきれいな姿勢も必要ですが、それだけでなく体の重心がしっかりしていなければいけません。

重心がしっかりしていないときれいな姿勢、フォームも崩れてしまいます。

体の重心、芯、そしてバランスをしっかりとれるような状態でなければ、空中でしっかりとボールをとらえて勢いのある強い点が取れるスパイクが打てません。

そこで体幹トレーニングをすることがお勧めなのです。

うまいフォームを作る練習に加えて体幹トレーニングも一緒に行いましょう。

3.スパイクにおいて効果的な体幹トレーニングの方法

効果的な体幹トレーニングとして、腕立て伏せの姿勢で停止するというトレーニング方法があります。

また、その状態のまま横向きになって、左右共に体全体を一直線にすることを意識して30秒を目安に停止してください。




おすすめの記事