初心者に覚えてほしいトスの基本 | 趣味のバレーボール

バレーボールは大人になってからでも新しく始めることができる趣味の一つです。

手軽に始められるところが魅力的なポイントですね。

そんなバレーボールにおいて、まず基本的なトスを習得する必要があります。

1.トスを上げる基本

バレーボールではボールを落とさないようにうまく続けて相手のコートに返す必要があります。

そして相手がボールを落とせるようなプレーをする必要があります。

その際に強くて取りにくい、勢いのあるボールであるアタック、スパイクを打つ必要があります。

そしてきれいなアタックやスパイクを打つためにも、きれいなトスをうまくあげるのは重要となります。

スパイクを打ちやすいトスを上げてあげることがセッターの大事な役割になるのです。

トスはオーバーハンドパスと同じようにしてボールを上げます。

できるだけ高くトスを上げるようにすると、スパイクを打つコースの幅が広がり、またスパイクも打ちやすくなります。

2.正確なトスを上げるために

スパイクが打ちやすいようなトスを上げるためには、トスが正確である必要があります。

トスがばらばらだとスパイクが非常に打ちにくいですし、きれいなスパイクを打つことができません。

結果、相手に対してチャンスボールを送ってしまうことになります。




レシーブで上がったボールの落下地点に対して素早く入り込んで、丁寧で正確なトスをあげましょう。

セッターの方にレシーブされたボールが届くとは限りません。

しっかりと広い範囲に目を配ってどのように飛んできたボールにもトスを上げて対応できるようにする必要があります。

3.トスの基本的な手の形

バレーボールでセッターは非常に重要なポジションとなりますが、きれいなトスを上げるためにも、正しい手の形でボールを上げる必要があります。

バレーボールを初めたての初心者のかたであっても基本的な手の形をわかっておけば、練習することできれいなトスが上がるようになります。

基本的な手の形ができていなければ、どれだけ練習してもきれいなトスは上がりません。

丸いボールの形状に合わせた手の形をするようにしてください。

指を開い両手の親指と人差し指で三角の形を作り、そこにボールをとらえて優しくふわっとあがるようにトスをあげます。

指の開き具合については、自分が一番しっくりくる、ボールにフィットする開き具合にするとよいでしょう。

何度も試してみるということが大切です。

また左右どちらかの手に力が偏ってしまっているとボールがぶれてしまいますので、両方の力を均等に保ってあげる必要があります。




おすすめの記事