平行トスのやり方とコツ | 趣味のバレーボール

バレーボールを始めるには様々な技術について知る必要があります。

できるようになるまでは難しかったり大変に思うこともありますが、1つずつ技術を習得していくことで、よりバレーボールを楽しんでプレーすることができるようになるでしょう。

1.バレーボールでの平行トスとは

バレーボールのプレーにおいて正確なトスを上げることは非常に重要なポイントとなります。

スパイカーがスパイクを打ちやすいようなトスを上げる必要があるのです。

そして様々なスパイクを打つことができるように、様々な種類のトスの技術を習得することによって、様々な場面に対応することができるんですね。

その中の技術の一つとして、平行トスがあります。

平行トスは白線に対して平行な軌道を描いて上がるトスのことになります。

オープントスよりもボールの軌道が低くなります。

ですのでセッターからスパイカーへの流れがとても短時間で行えるという特徴があります。

トスが上がってからすぐにスパイクを打つことができます。

2.平行トスのメリット

オープントスに比べて平行トスの大きなメリットとしては、やはりセッターがトスを上げてからすぐにスパイクを打つことができるということがあげられます。

非常に速い攻撃を行うことができるという点がメリットとして挙げられます。




セッターとスパイカーとのコンビ連携が特に重要となってきますので、初心者でバレーボールを始めたという方には難しく感じられるかもしれません。

セッターが平行トスで素早いトスをあげられても、スパイカーがそのトスに対して反応できなければうまくいかないんですね。

ミスにつながってしまいます。

でも成功した時の攻撃力は高いと言えます。

3.平行トスのやり方

平行トスのメリットや内容についてはわかったけど、実際にやるにはどうやってやればいいのでしょうか。

平行トスのやり方としては、通常通りにトスを上げればいいのですが、その際のトスが高すぎてもいけないし、低すぎてもいけません。

丁度いいポイントでスパイカーが打てるようにトスを上げる必要があるのです。

トスを上げるタイミングが重要になります。

またトスのタイミングも重要です。

強すぎてもボールが流れてしまいますし、低すぎると打てません。

ですのでスパイカーとのコンビネーションで練習をすることが大切です。

トスの上げ方としては自分の真上の地点に軽くボールをはじいてトスを上げるような感じで、トスを上げるときれいに平行トスを上げることができます。

このポイントを押さえてトスをあげてみると、平行トスがあげられます。

後はスパイカーとの連携の練習が必要です。




おすすめの記事