バックフリップのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードの派手なリップアクションは見ている人や周辺の人を驚かせます。

バックフリップというボディボードのテクニックは、まさに派手さ抜群のテクニックになります。

ここではバックフリップのやり方とコツについて説明したいと思います。

1.ボディボードのバックフリップとは

ボディボードのバックフリップというテクニックは否応なく上級者向けのテクニックになります。

簡単に言うと海の上でバク転するようなものです。

波のリップにあてるアクションは派手目のアクションが多いですが、バックフリップは周辺の人たちは驚いてしまうでしょう。

それだけ派手なアクションになります。

前提としてエルロロやARS(エアリアル)が普通にできる方でないとチャレンジするのは無理でしょう。

2.ボトムターンでのスピード

ボディボードのテクニックの技はやはりボトムターンが上手いかどうかで決まります。

バックフリップを成功させるポイントもスピードをどれだけだせるかです。

そしてスピードつけるのはやはりボトムターンです。

バックフリップの一連の流れを見てみましょう。

ボトムターンで深く力をためて一気に波のトップに駆け上がります。

この時、エアリアルと同じように波のコンディションを見極める必要があります。




波が掘れて崩れるところにボードを当て込まなければなりません。

ボトムターンでレールを深く食い込ませるスピードをつけるのは当然ながら、波の崩れるタイミングも見極めた上でリップにボードを当てます。

エアリアルと同じようにリップに当てると同時にリップから飛び出すのですが、ここからバク転するように上下に回転します。

そして着水となります。

見ているととても人間技ではありません。

3.回転の軸をしっかりと作る

リップに当てるまでの動作はエアリアルとほぼ同じですがバク転のように上下に回転するには、回転の軸がしっかりとしていないとできません。

イメージとしては、リップに当てるまではボトムターンからのスピードをボードにあずけますが、リップに当てるのと同時にそのスピードをそのまま身体が受け取り、そのスピードで回転します。

身体の回転に合わせてボードを引きつけて着水させる感じです。

回転の軸を自分の体でしっかりと形成し、ボードと体がちぐはくに動かないようにコントロールする必要があります。

いかにボードと体の一体感を作り出せるかがこのテクニックのコツになってくるでしょう。

海でも見ることができるのは稀です。

ボディボード初心者には無理なテクニックですが、プロの動画などをインターネットで見るととても刺激になります。




おすすめの記事