フォワードスピンのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードと聞いて、真っ先にイメージするのはスピンではないでしょうか。

海岸から波に乗っているボディボーダー達を眺めていると、波の上で回転する様子はとても気持ちよさそうです。

ボディボードを始めたら、スピンは是非覚えたいですよね。

ここでは、フォワードスピンのやり方について簡単に説明します。

1.フォワードスピンはボディボードの華

ボディボードを知らない人たちでも、波の上をクルクルと回転する様子はテレビなどでも見たことがあると思います。

ボディボードは波の上を上下左右に動きながら滑っていきますが、クルクルと回転するその様子を人の目を奪います。

フォワードスピンは、進行方向側に回転するスピンのことをいいリバーススピンはその逆方向にスピンすることをいいます。

フォワードスピンの具体的なやり方は次のとおりです。

まず、テイクオフしてスピードに乗ったタイミングで進行方向にボードを水平に少し移動させます。

レギュラーで走っている場合は、右側に少し移動させて、体を思いっきり反ってボードに乗り上げます。

つまり回転の軸を決めてあげるのですが、ボードの進行方向側の真ん中から少しテールよりの感じです。

この時、進行方向と逆側(レギュラーの場合は左)の足を上げます。

これでボードの軸が決まりクルッと半分回転します。

さらにここから半分回転させてあげるために、逆の足(レギュラーの場合は右)も上げてクロスさせてあげます。

同時に、振り返るような感じ頭を進行方向に向けて上げます。




この振り返るような動作をヘッドムーブと呼びます。

こうすることできれいにフォワードスピンが一回転できるはずです。

2.回転が途中でとまってしまう原因は

ボディボード初心者やスピンを練習しはじめた方は、フォワードスピンが途中でとまってしまうという方も多いと思います。

想定される原因として、ボードを回転させる軸がブレていることと、回転させるタイミングがあっていないなどが挙げられます。

半分(180度)までの回転は胸を反って片足を上げると比較的スムーズにできるかと思いますが、その後に止まってしまうのは、ヘッドムーブにつなげるタイミングと両足をクロスさせるところで姿勢を崩してしまっている可能性があります。

胸を反った姿勢をしっかり保ったままボードに乗り上げることで回転させる軸がブレないので、この姿勢はヘッドムーブで上半身を反転させても反り返りの姿勢はキープしましょう。

さらに逆の足を上げて両足をクロスさせるタイミングが遅れると回転の勢いを止めてしまうので、半回転少し前に両足クロスできるようにタイミングをつかみましょう。

半回転から一回転にいく過程は、タイミング勝負になるので何度もチャレンジしてそのタイミングを体で覚えるしか成功への道はないでしょう。

一旦タイミングを掴んでしまえば、いろんな波のコンディションにあわせてスピンの回転を掴むことも比較的容易になりますので、諦めずにチャレンジを続けることはフォワードスピンだけでなくリバーススピンの上達にもつながるはずです。




おすすめの記事