ローラーコースターのやり方とコツ | 趣味のボディボード

テイクオフ、ボトムターン、トップターンが出来るようになると一本の波を最後まで乗ることができます。

波は最後に全て砕けてスープになりますが、その締めくくりをきれいにまとめ上げるのがボディボードのローラーコースターというテクニックになります。

ここではローラーコースターのやり方について簡単に説明したいと思います。

1.ローラーコースターはリップアクション

ボディボードのテクニックの中で、ローラーコースターはリップアクションの一つとされます。

波が最後にスープ(砕けて白く泡になる)になるタイミングを見計らって行うものであり、ライディングの最後に見せるととてもかっこいいものです。

具体的なやり方を見ていきましょう。

リップアクションになるので、やはり波のトップに駆け上がっていかなければなりません。

やはりローラーコースターをバシッと決めるコツはボトムターンにあります。

いきなりボトムターンを決めてローラーコースターを狙うのではなく、いくつかのアクションを行って波が最後に崩れるタイミングを狙う必要があります。

ですので、トップターンなどをして波を乗りついでもう波が終わってしまいそうなタイミングを見つける必要があります。

そのような波が砕けそうなタイミングを見つけて、ボトムターンを決めて素早くスピードをつけて波のトップに上がってください。

波のトップに駆け上がり、リップにボードを当てる時は、視線をボトム側(進行方向)に向けてあげると体重が進行方向に向きます。

腕で無理やり反転しようとする体の軸がブレてしまうのでうまく回転ができなくなるので気をつけてください。

さらにリップに当ててスープに乗り上げる感じをイメージしてください。




無理やりスープの乗り上がろうとせずに、スピードにのって少し体重をテール側に移動して、回転(視線をボトム側)すれば、スープの力で回転し着水することができるでしょう。

2.ボディボードの波を読むテクニック

ボディボードのローラーコースターは波の崩れるタイミングを読むテクニックでもあるでしょう。

つまり、むやみやたらにリップに当ててスープに乗り上げるものではなく、一本の波の最後の締めくくりのスープにあわせてものです。

砕けるタイミングの波を見つけたら素早くボトムターンに移り、スピードをつけてタイミングを調整してスープに乗り上げるスピーディーなアクションでしょう。

波はいろんな砕け方をしますが、どのタイミングで砕けるのかを読み解く知見が必要となります。

ボディボード初心者のうちは、そのような知見がなく、波のブレイクを読むのは難しく感じられるかもしれませんが、何度も海に通っているうちにテイクオフのタイミングが体でわかるように、波のブレイクするタイミングも読み取れるようになります。

地形や気象条件、潮汐変化により波のコンディションも一日のうちで変化しますので、そのような変化を理解するのがはじめのうちは少しだけ難しいかもしれません。

しかしながら、そのようなポイントの特徴や一日の変化を理解することは自然に触れながら楽しむボディボードの楽しみの一つでもあり、波のコンディションを読み取れる能力は危険回避にもつながりとても重要なものになるでしょう。

はじめは自分がよく入るホームポイントの特徴をよく掴み、そこで波の変化を観察しながら諸々のテクニックを身につけるのが上達の早道になるはずです。




おすすめの記事