リバーススピンのやり方とコツ | 趣味のボディボード

リバーススピンとは、進行方向に回転するフォワードスピンと逆方向に回転するテクニックのことを言います。

ここでは、リバーススピンについてなるべく簡単に説明していきたいと思います。

1.リバーススピンはボディボードの高度なテクニック

ボディボードのテクニックの中でも進行方向と逆に回転させるリバーススピンはフォワードスピンよりも高度なテクニックになります。

前提としてまずフォワードスピンをマスターしてからチャレンジするとよいでしょう。

具体的なやり方を見ていきましょう。

ボトムターンからスピードをつけてトップに駆け上がります。

ボトムターンの時は、レールを深く海に食い込ませていますが、駆け上がる時はレールが抜かれているはずです。

フォワードスピンとは逆に、今度は進行方向とは逆にボードの向きを変えてあげます。

姿勢はフォワードスピンと同じで胸を反り返して、両足をあげてクロスさせてあげましょう。

リバーススピンでもフォワードスピンと同じようになるべく体全体をボードに乗り上げて、胸を反り上げてあげるのがコツになります。

この姿勢をとることで回転させる軸が固定されてスピンしやすくなります。

さらに半回転から一回転に向けてのヘッドムーブもフォワードスピンと同じです。

半回転の少し手前ぐらいから進行方向とは逆方向に頭を向けて上半身をひねってあげます。

この時にくれぐれも姿勢を崩さないようにしましょう。

リバーススピンでも半回転から先に回転が止まってしまうパターンが多いと思いますが、これも姿勢が崩れて回転の軸がブレてしまっているケースが多いです。




2.スピードと軸とタイミング

ボディボードのスピンテクニックに必要となってくるのは、やはりスピード、軸の取り方、ヘッドムーブのタイミングの取り方でしょう。

スピードのつけ方は、何度も出てきましたがボトムターンに秘密が隠されています。

ボトムでどれだけしっかりと海面にレールを食い込ませることができているか否かによってスピードが変わってきますので、ボトムターンは何度でも練習してスピードをコントロールできるぐらいになってしまいましょう。

軸のとり方は、フォワードスピンとリバーススピンでは特に重要になってきます。

ボードと体の回転軸が固定されていないとボードは回転しにくくなります。

軸をなるべく1点に固定させるには、コツは姿勢のとり方になってきます。

胸を反った状態で体全体をボードにのせ、両足を上げてクロスさせることで重心がボードの上に固定されますので、その軸をヘッドムーブで上半身を捻らせる時に姿勢を崩さないようにすることが必要です。

姿勢を崩すことで、体重の重心がブレてしまいボードを回転させる軸がブレてしまうので回転を失速させて途中で止まってしまうでしょう。

姿勢の取り方については、ビーチや部屋にいる時にイメージトレーニングなどすると効果的です。

鏡を見ながら姿勢のチェックするのもよいでしょう。

ボディボードでは華のテクニックになるリバーススピンは高度なテクニックの部類に入りますので、何度もチャレンジしてマスターしましょう。




おすすめの記事