ゲッティングアウトのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードは波を乗るマリンスポーツです。

波ならばどんな波でもいいわけでもなく、楽しめる波がいいですよね。

ここでは波に乗る前にテイクオフする場所にたどりつくためのゲッティングアウトについて簡単に説明します。

1.ゲッティングアウトしないとボディボードは楽しめない

ゲッティングアウトは、波に乗るマリンスポーツであるボディボードやサーフィンで使われる用語です。

ボディボードもサーフィンに適する波は、波が砕ける波です。

しかし、一気に砕けて波が全てスープ(白く砕けて泡になる)になるのではなく、右から左(もしくは左から右に)に砕けていくものが適しているといえます。

その理由は波がスープになる場所が波のパワースポットとなり、スープになる手前の波の斜面(フェイス)を滑っていくことができるからです。

ボディボードを楽しむには、波のパワースポットの近くで波待ちをしてテイクオフする必要があります。

さらには、その場所に辿り着かなければなりません。

はじめたばかりの初心者の方は、スープにもみくちゃにされてテイクオフできる場所まで辿りついた頃にはヘトヘトになっていたこともあるのではないでしょうか。

ゲッティングアウトするには、ドルフィンスルーをマスターしてスープの下を潜っていくと体力を消耗せずに進んでいくことができます。

具体的なやり方はドルフィンスルーのところで説明させていただいたとおりですが、おさらいがてらに簡単に説明すると片膝立ての腕立て伏せをしてボードを沈めてスープの下を潜っていくやり方です。

スープが過ぎて行くのとほぼ同時に、片膝を戻してあげるとボードは浮かんでいこうとするので、それにあわせて体をボードにくっつけるようにして海面まで一緒に上がっていきます。




ドルフィンスルーのコツとしては、腕だけで沈めようとせず、腕立て伏せのスタイルで全身、全体重をバランスよくボードにのせて沈めることでしょう。

バランスを崩すとボードがぐらぐらとして余計な力が必要になったり、ボードがすっぽ抜けたりしてしまいます。

2.ドルフィンスルーのほかに

ボディボードやサーフィンでは基本的にはドルフィンスルーを用いてスープを超えていき、ゲッティングアウトしていきます。

もっと効率的にゲッティングアウトするやり方としては、リップカレントを使うやり方がありますがこれは初心者にはオススメできません。

リップカレントとは離岸流のことで、沖に向かう潮の流れになります。

海に波が打ち寄せるということは、必ずその打ち寄せた波が戻る流れがあります。

それが離岸流になります。

上級者になるとその離岸流にのってゲッティングアウトしていきますが、離岸流から離れるにはそれなりにコツが必要となりますので、はじめのうちは離岸流を使ったゲッティングアウトは試みないほうがよいでしょう。

3.ポイントの特徴をよく理解しよう

海には、ポイントによってリップカレントの場所や流れなど様々な違いや特徴があります。

ボディボードを楽しむ上で、そのようなポイントの特徴をよく理解しておくことは、危険を回避する上でとても重要になりますので、あらかじめボディボードショップの店員やローカルのボディボーダーなどに聞いておくのがよいでしょう。

ボディボード雑誌やインターネットにも各ポイントの特徴はのっているので、そのようなものを十分に活用するのは重要です。




おすすめの記事